『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=322383)

EID=322383EID:322383, Map:0, LastModified:2018年11月22日(木) 16:41:41, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[加藤 真樹], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 招待 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.フロンティア研究センター.光ナノテクノロジー研究部門.ナノマテリアルテクノロジー分野(日亜寄附講座) (〜2018年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.北田 貴弘 (->個人[塚越 貴弘])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南 康夫 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.ナノマテリアルテクノロジー(日亜)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.盧 翔孟
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Novel Terahertz Light Emitting Devices Based on a Semiconductor Coupled Multilayer Cavity  (日) 半導体多層薄膜を使った結合共振器構造による テラヘルツ発光素子   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) We have proposed planar-type and room-temperature operable terahertz light emitting devices based on a semiconductor coupled multilayer cavity that consists of two identical cavity layers and three distributed Bragg reflector (DBR) multilayers. In the proposed device, two-color lasing in the near-infrared region is enabled by current injection into the cavity layer containing quantum nanostructures, and the second-order nonlinear response inside the structure is used for terahertz emission by difference-frequency generation of the two modes. In the present report, we demonstrated efficient nonlinear polarization control by wafer bonding as well as two-color lasing of the device by current injection.  (日) 3つのブラッグ反射多層膜と2つの等価な共振器層で構成する化合物半導体多層膜結合共振器を使った新しいテラヘルツ発光素子を提案している.室温動作の面型素子で,近赤外で発光する量子構造を含む共振器層への電流注入により二波長レーザ発振を実現するとともに,同一薄膜構造内での二次非線形光学応答によってテラヘルツ帯の差周波を発生する.本報告では,ウエハ接合による分極制御がテラヘルツ波発生の高効率化に有効であることを示すとともに,テラヘルツ発光素子の基本となる電流注入での赤外二波長レーザ発振特性を紹介する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Compound Semiconductors (日) 化合物半導体 (読) [継承]
2. (英) Optical Nonlinear Response (日) 非線形光学応答 (読) [継承]
3. (英) Microcavity (日) 微小光共振器 (読) [継承]
4. (英) Terahertz Emission (日) テラヘルツ波発生 (読) [継承]
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 (読)
ISSN (任意): 0913-5685
ISSN: 0913-5685 (pISSN: 0913-5685)
Title: 電子情報通信学会技術研究報告. AN, アドホックネットワーク
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (医中誌Web  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 116 [継承]
(必須): 430 [継承]
(必須): EID2016-33 EID2016-33 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2017年 1月 26日 (平成 29年 1月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 信学技法Vol.116 No.430に掲載[ISSN 0913-5685]   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 北田 貴弘, 南 康夫, 盧 翔孟 : 半導体多層薄膜を使った結合共振器構造による テラヘルツ発光素子, 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会, Vol.116, No.430, EID2016-33, 2017年1月.
欧文冊子 ● Takahiro Kitada, Yasuo Minami and Xiangmeng Lu : Novel Terahertz Light Emitting Devices Based on a Semiconductor Coupled Multilayer Cavity, 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会, Vol.116, No.430, EID2016-33, Jan. 2017.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.37, Max(EID) = 383955, Max(EOID) = 1027009.