『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=322250)

EID=322250EID:322250, Map:0, LastModified:2017年9月15日(金) 17:23:08, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松本 和幸], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.土屋 誠司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Misako Imono (日) 芋野 美紗子 (読) いもの みさこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.吉田 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Conversion of Japanese Slang into Standard Japanese Considering Sensibility  (日) 感性を考慮した日本語俗語の標準語変換   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) With the recent spread of communication using social media, exchanging opinions each other on web has become more common irrespective of age and sex. On the other hand, a problem called as ``Internet flaming'' often occurs along with the increase of social network service users. One of the reasons might be that the users do not recognize meanings/intentions/emotions expressed by other users' words. In this study, we focused on slangs (Internet slangs) that are often used on SNS but are not registered in dictionaries, then tried to convert them into standard words. We also intended to output more appropriate candidates by considering not only semantic similarity but also affective similarity. The proposed method conducts filtering and re-ranking over the semantically similar candidates obtained based on distributed representations to detect the inappropriate candidates as standard word by focusing on two points: (1) features of slang/standard word and (2) affective similarity between the inputted word and the candidate words. In the evaluation experiment, the proposed method obtained a higher MRR than the baseline method.  (日) 近年のソーシャルメディアを用いたコミュニケーションの普及に伴い,Web上での意見交換が老若男女問わず一般的になってきた.一方で,「ネット炎上」と呼ばれる問題が,ソーシャルネットワークサービスのユーザの増加にともない,しばしば起こっている.この理由は,ユーザが単語により表現された意味/意図/感情を理解しないためである.本研究では,SNS上でよく用いられるが,一般的な辞書に登録されていない俗語(ネットスラング)に着目し,それらを標準語に変換することを試みる.我々は,意味的な類似だけでなく,感性的な類似を考慮し,より適切な候補を出力しようと考える.提案手法は,分散表現に基づき得られた候補を,2つの点に焦点をあて,フィルタリングし再ランキングする.入力語と出力候補間の,(1)俗語/標準語の特徴,(2)感性的類似度 の2点である.評価実験において,提案手法により,ベースライン手法よりも高いMRRを得た.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Internet slang (日) ネットスラング (読) [継承]
2. (英) standard word (日) 標準語 (読) [継承]
3. (英) sensibility (日) 感性 (読) [継承]
4. (英) concept of word (日) 単語概念 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 人工知能学会 [継承]
誌名 (必須): 人工知能学会論文誌 ([社団法人 人工知能学会])
(pISSN: 1346-0714, eISSN: 1346-8030)

ISSN (任意): 1346-8030
ISSN: 1346-0714 (pISSN: 1346-0714, eISSN: 1346-8030)
Title: Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence = Jinko Chino Gakkai ronbunshi
Title(ISO): Trans Jpn Soc Artif Intell
Supplier: 一般社団法人 人工知能学会
Publisher: Jinko Chino Gakkai
 (NLM Catalog  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 32 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): WII-A_1 12 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2017年 1月 20日 (平成 29年 1月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1527/tjsai.WII-A    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 松本 和幸, 土屋 誠司, 芋野 美紗子, 吉田 稔, 北 研二 : 感性を考慮した日本語俗語の標準語変換, 人工知能学会論文誌, Vol.32, No.1, WII-A_1-12, 2017年.
欧文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Seiji Tsuchiya, Imono Misako, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Conversion of Japanese Slang into Standard Japanese Considering Sensibility, Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence, Vol.32, No.1, WII-A_1-12, 2017.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.97, Max(EID) = 376364, Max(EOID) = 1008079.