『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=322021)

EID=322021EID:322021, Map:0, LastModified:2017年1月10日(火) 18:56:26, Operator:[森本 恵美], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[森本 恵美], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.森本 恵美
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.荒井 弘毅 (秀明大学)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) TRIAL STUDY ON PRODUCTIVITY OF CONSTRUCTION INDUSTRY IN JAPAN  (日) 建設業の生産性変動要因に関する試行的分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper, using the total factor productivity (TFP) data for the civil engineering industry and the architectureindustry of the Japanese Industry Productivity Database 2015, analyzes industry TFP trend by decomposing(i) innovation effect, (ii) weather effect, (iii) efficiency improvement-induced investment effectand (iv) firm entry and exit effect. As a result, in the total factor productivity, patents and weather (temperatureand precipitation) had no significant effect on the TFP. With regard to the firm entry and exit, in thearchitecture industry, the firm entry has a negative effect and the exit has a positive effect. With regard tothe efficiency improvement-induced investment effect, both investments of the government and of the privatesector have a positive effect. Further, in the civil engineering industry, the firm entry has a positiveeffect and the exit has a negative.  (日) 本稿は,土木業と建築業の産業別総要素生産性(Total Factor Productivity : TFP)について,日本産業生産性データベース2015を用い,①技術革新効果,②天候効果,③建設投資の効率向上誘発効果,及び④参入・退出効果に分解して検討を行った.結果としては,総要素生産性には,特許出願件数や気温と降水量で示す天候は有意な効果を有していなかった.また,新規参入と退出に関しては,建築業においては,参入と退出が,それぞれ負と正の効果を有しており,建設投資の生産性向上誘発効果に関しては,政府投資と民間投資とも正で有意となっていた.また,土木業においては,参入が正,退出が負でそれぞれ有意となっていた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Total Factor Productivity (日) 総要素生産性 (読) そうようそせいさんせい [継承]
2.特許 (patent) [継承]
3. (英) Entry and Exit (日) 参入と退出 (読) さんにゅうとたいしゅつ [継承]
4. (英) Innovation (日) イノベーション (読) いのべーしょん [継承]
発行所 (推奨): (英) Construction Management Committee Japan Society of Civil Engineers (日) 土木学会 建設マネジメント委員会 (読) どぼうがっかい けんせつまねじめんといいんかい [継承]
誌名 (必須): (英) The proceeding of The 34 Annual Forum on Construction Managament Issues (日) 第34回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集 (読) だいさんじゅうよんかい けんせつまねじめんともんだいにかんするけんきゅはっぴょう とうろんかい こうえんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 34 [継承]
(必須): 2-10 [継承]
(必須): [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2016年 12月 10日 (平成 28年 12月 10日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 森本 恵美, 荒井 弘毅 : 建設業の生産性変動要因に関する試行的分析, 第34回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会 講演集, Vol.34, No.2-10, 2016年.
欧文冊子 ● Emi Morimoto and Koki Arai : TRIAL STUDY ON PRODUCTIVITY OF CONSTRUCTION INDUSTRY IN JAPAN, The proceeding of The 34 Annual Forum on Construction Managament Issues, Vol.34, No.2-10, 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.96, Max(EID) = 375653, Max(EOID) = 1006529.