『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=321644)

EID=321644EID:321644, Map:0, LastModified:2017年8月7日(月) 15:08:56, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[渡辺 公次郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.渡辺 公次郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.近藤 光男
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A STUDY ON THE RESIDENTIAL LOCATION TREND CONSIDERING TSUNAMI RISK IN TOKUSHIMA URBAN AREA  (日) 徳島都市圏における津波危険性を考慮した住宅立地傾向の分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The purpose of this paper is to show the residential location trend considering Tsunami risk in Tokushima Urban Area (TUA). Building certification data was used to show residential location from 2010 to 2013. We analyzed residential location trend from this data and Tsunami inundation potential data. Comparing residential location trend before and after Great East Japan Earthquake (GEJE), demand for new houses in west part of TUA without Tsunami risk is increasing, but urbanization has been continuing in Tsunami inundation area after GEJE. Finally, we classified the target area using residential location trend and Tsunami risk, and showed the area which needs to be controlled or promote urbanization.  (日) 本研究では,徳島都市圏を対象に,住宅立地動向と津波災害危険性との関係を分析した.住宅立地データとして,2010∼2013年度の建築確認申請データを用いた.4次メッシュ別の住宅立地動向を見ると,非線引きの藍住町や各市町中心部,北島町全域,国道沿いで増加していた.経年変化を見ると,西部で増加,阿南市沿岸域で減少する傾向にあった.次に,津波浸水深別に住宅立地を集計したところ,浸水域外の立地が進む一方,少ないながらも浸水域の立地も継続していた.住宅立地要因を示すために,重回帰分析を行ったところ,利便性と区域区分の影響が大きいものの,2011年度以降は海岸線からの距離が離れるほど住宅立地が進む傾向にあることが示された.最後に,4次メッシュ別で津波危険性を考慮した住宅立地傾向の分類を行い,その結果より,分類別の土地利用規制,誘導の方向性を示した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Tsunami Risk (日) 津波危険性 (読) [継承]
2. (英) Residential Location (日) 住宅立地 (読) [継承]
3. (英) Land-use Control (日) 土地利用規制 (読) [継承]
4. (英) Provincial City (日) 地方都市 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 日本建築学会 [継承]
誌名 (必須): 日本建築学会計画系論文集 ([社団法人 日本建築学会])
(pISSN: 1340-4210, eISSN: 1881-8161)

ISSN (任意): 1881-8161
ISSN: 1340-4210 (pISSN: 1340-4210, eISSN: 1881-8161)
Title: 日本建築学会計画系論文集
Supplier: 一般社団法人日本建築学会
Publisher: Architectural Institute of Japan
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 81 [継承]
(必須): 730 [継承]
(必須): 2713 2721 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2016年 12月 初日 (平成 28年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.3130/aija.81.2713    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 渡辺 公次郎, 近藤 光男 : 徳島都市圏における津波危険性を考慮した住宅立地傾向の分析, 日本建築学会計画系論文集, Vol.81, No.730, 2713-2721, 2016年.
欧文冊子 ● Kojiro WATANABE and Akio Kondo : A STUDY ON THE RESIDENTIAL LOCATION TREND CONSIDERING TSUNAMI RISK IN TOKUSHIMA URBAN AREA, Journal of Architecture and Planning, Vol.81, No.730, 2713-2721, 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.58, Max(EID) = 375408, Max(EOID) = 1006124.