『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=319079)

EID=319079EID:319079, Map:0, LastModified:2016年8月22日(月) 17:00:09, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[宮本 理人], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.宮本 理人
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 江川 達郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 大島 里詠子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 黒木 英梨子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.土屋 浩一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品機能生化学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 林 達也 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) AMPK活性化剤はどこまで運動療法の代謝改善効果を模倣できるか?―メタボローム分析による検証―   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2015年 8月 29日 (平成 27年 8月 29日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 宮本 理人, 江川 達郎, 大島 里詠子, 黒木 英梨子, 土屋 浩一郎, 林 達也 : AMPK活性化剤はどこまで運動療法の代謝改善効果を模倣できるか?―メタボローム分析による検証―, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2015年8月.
欧文冊子 ● Licht Miyamoto, 江川 達郎, 大島 里詠子, 黒木 英梨子, Koichiro Tsuchiya and 林 達也 : AMPK活性化剤はどこまで運動療法の代謝改善効果を模倣できるか?―メタボローム分析による検証―, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, Aug. 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 384072, Max(EOID) = 1027447.