『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=316087)

EID=316087EID:316087, Map:0, LastModified:2016年8月8日(月) 17:34:10, Operator:[福井 清], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[福井 清], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.疾患酵素学研究センター (2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域]) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Toguchi Shohei (日) 戸口 翔平 (読) とぐち しょうへい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hirose Tomoyasu (日) 廣瀬 友靖 (読) ひろせ ともやす
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.頼田 和子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.福井 清 ([徳島大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ōmura Satoshi (日) 大村 智 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Sunazuka Toshiaki (日) 砂塚 敏明 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) In Situ Click Chemistryを利用したD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の探索研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 学校法人 北里研究所.北里大学 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) AKPS集会第9回北里化学シンポジウム (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2015年 9月 26日 (平成 27年 9月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 戸口 翔平, 廣瀬 友靖, 頼田 和子, 福井 清, 大村 智, 砂塚 敏明 : In Situ Click Chemistryを利用したD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の探索研究, AKPS集会第9回北里化学シンポジウム, 2015年9月.
欧文冊子 ● Shohei Toguchi, Tomoyasu Hirose, Kazuko YORITA, Kiyoshi Fukui, Satoshi Ōmura and Toshiaki Sunazuka : In Situ Click Chemistryを利用したD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の探索研究, AKPS集会第9回北里化学シンポジウム, Sep. 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.96, Max(EID) = 360929, Max(EOID) = 966657.