『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=315419)

EID=315419EID:315419, Map:0, LastModified:2018年12月4日(火) 11:29:27, Operator:[吉田 稔], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[吉田 稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.吉田 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 表形式のトピックモデルとその数値単位推定への応用   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 表形式中の数値表現について単位が省略されている場合に,その単位を推定するための手法を提案する.Wikipedia 表形式中の,数値のみを含むセルを対象に,一行目のセル等の 「周辺文脈」 を利用し,適切な単位を推定する.また,表形式の外側の文章を利用するために,表形式と文章を同時にモデル化するためのトピックモデルを提案し,トピックの推定結果を単位推定に利用することで精度の向上を図る.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2016-NL-226 [継承]
(必須): 16 [継承]
(必須): 1 6 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2016年 5月 17日 (平成 28年 5月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 吉田 稔, 松本 和幸, 北 研二 : 表形式のトピックモデルとその数値単位推定への応用, 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告, Vol.2016-NL-226, No.16, 1-6, 2016年5月.
欧文冊子 ● Minoru Yoshida, Kazuyuki Matsumoto and Kenji Kita : 表形式のトピックモデルとその数値単位推定への応用, 情報処理学会自然言語処理研究会研究報告, Vol.2016-NL-226, No.16, 1-6, May 2016.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.65, Max(EID) = 376442, Max(EOID) = 1008189.