『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=313375)

EID=313375EID:313375, Map:0, LastModified:2018年3月28日(水) 11:33:33, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[杉山 茂], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.応用化学系.化学プロセス工学分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座 (2012年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Nitta Shinya (日) 新田 真也 (読) にった しんや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2. (英) Misu Hisanobu (日) 三栖 央頌 (読) みす ひさのぶ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3. (英) Ehiro Takuya (日) 永廣 卓哉 (読) えひろ たくや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4.(no caption; EID=309336)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.杉山 茂 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Katou Yuuki (日) 加藤 裕樹 (読) かとう ゆうき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Ninomiya Wataru (日) 二宮 航 (読) にのみや わたる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Highly Selective Oxidative Dehydrogenation of Isobutane to Isobutene on Mesoporous Silicas  (日) メソポーラスシリカ触媒によるイソブタンからイソブテンへの高選択的酸化脱水素反応   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 化学工学会第48回秋季大会 (読) かがくこうがくかいしゅうきたいかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2016年 9月 6日 (平成 28年 9月 6日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 新田 真也, 三栖 央頌, 永廣 卓哉, (名) (姓), 加藤 雅裕, 杉山 茂, 加藤 裕樹, 二宮 航 : メソポーラスシリカ触媒によるイソブタンからイソブテンへの高選択的酸化脱水素反応, 化学工学会第48回秋季大会, 2016年9月.
欧文冊子 ● Shinya Nitta, Hisanobu Misu, Takuya Ehiro, (名) (姓), Masahiro Katoh, Shigeru Sugiyama, Yuuki Katou and Wataru Ninomiya : Highly Selective Oxidative Dehydrogenation of Isobutane to Isobutene on Mesoporous Silicas, 化学工学会第48回秋季大会, Sep. 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.49, Max(EID) = 376274, Max(EOID) = 1007890.