『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=308180)

EID=308180EID:308180, Map:0, LastModified:2018年12月4日(火) 18:59:14, Operator:[池田 建司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学 [継承]
著者 (必須): 1.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Consistent Estimate of Kalman Gain in Subspace Identification Method  (日) 部分空間同定法におけるカルマンゲインの一致推定   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper proposes a consistent estimates of the Kalman gain and the covariance of the innovations in the framework of subspace identification. The estimates of the system matrices in PO-MOESP method are known to be consistent while the estimates of (A,C) matrices in N4SID method are asymptotically consistent, i.e., each estimate converges in probability to the true value if not only the data length but also the past horizon goes to infinity. The conventional estimates of the Kalman gain and the innovations covariance are asymptotically consistent. To consider the gap relating amount, consistent estimates of the Kalman gain and the innovations covariance are obtained.  (日) 本論文は部分空間同定法の枠組みでカルマンゲインとイノベーション過程の共分散行列の一致推定を提案する.PO-MOESP法におけるシステム行列の推定値は一致性を満たすことが知られている.一方,N4SID法におけるシステム行列の推定値は漸近的一致推定値となっており,データ行列の横方向だけでなく縦方向も大きくしないと真値に確率収束しない.カルマンゲインとイノベーションの共分散の従来の推定値は漸近的一致推定値しかない.部分空間の開きを考えることにより,カルマンゲインとイノベーションの共分散の一致推定が得られる.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Subspace Identification (日) (読) [継承]
2. (英) Kalman gain (日) (読) [継承]
3. (英) consistent estimate (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) IEEE CSS (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) The 2015 IEEE Control Systems Society; Multiconference on Systems and Control (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 151 156 [継承]
都市 (必須): シドニー (Sydney/[オーストラリア]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2015年 9月 22日 (平成 27年 9月 22日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1109/CCA.2015.7320625    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-84964318398 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Ikeda : Consistent Estimate of Kalman Gain in Subspace Identification Method, The 2015 IEEE Control Systems Society; Multiconference on Systems and Control, (巻), (号), 151-156, Sydney, Sep. 2015.
欧文冊子 ● Kenji Ikeda : Consistent Estimate of Kalman Gain in Subspace Identification Method, The 2015 IEEE Control Systems Society; Multiconference on Systems and Control, (巻), (号), 151-156, Sydney, Sep. 2015.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.57, Max(EID) = 373285, Max(EOID) = 998648.