『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=307438)

EID=307438EID:307438, Map:0, LastModified:2018年3月22日(木) 10:28:38, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Shimada Hiroshi (日) 嶋田 宏 (読) しまだ ひろし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Murata Susumu (日) 村田 進 (読) むらた すすむ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Niwa Tatsuya (日) 丹羽 竜也 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) THE MEASURE OF TECHNICAL ASSISTANCE AIMED AT TRAINING FOR THE REDUCTION OF DISASTER INDEPENDENTLY TO STORM SURGE DISASTER IN MYANMAR  (日) ミャンマー国における高潮災害に対する自立的減災力育成を目指した技術支援の取組   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The Ayerwaddy Region of the Republic of the Union of Myanmar, facing the Bay of Bengal and the Andaman Sea, was hit by Cyclone Nargis in May 2008. The cyclone caused a huge storm surge and brought about 140,000 death or missing. The Pro-ject on Establishment of End-to-End Early Warning System for Natural Disaster in the Republic of the Union of Myanmar (JICA project) has been conducted to mitigate such disaster which would be caused by a cyclone at the coastal area of Myanmar. The authors participated in this Project and found it is important to transfer technology to observe and predict future tide level more precisely in the coastal area so that residents can take proper evacuation actions well before a storm surge hits. The authors therefore introduced a simple observation method of tide level using a ribbon rod and carried out training for engi-neers and officers in charge so that they can measure and predict tide levels for themselves in an easy and sustainable way.  (日) ミャンマー沿岸部では2008年5月に深刻な高潮被害を受け,約14万人の犠牲者を出した.これを受け沿岸部デルタ地帯の高潮被害を軽減するため,JICAによる自然災害早期警報システム構築プロジェクト1)(JICAプロジェクト)が実施されている.広範囲で入り組んだ沿岸各地に精度の高い高潮警報を住民に伝えるためには,ミャンマー国(麺国)の技術者が自立的に各地の潮位特性を分析できる技術を身につけることが重要である.筆者らはリボンテープを用いた簡易潮位計を用い短期間の観測から潮位推算を行ない,これらの手法を防災安全教育の一環として麺国の実情に合わせた継続的な展開が可能な基礎的観測技術の移転を行った.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) tide gauge (日) 潮位計 (読) ちょういけい [継承]
2. (英) harmonic anyalysis (日) 調和解析 (読) ちょうわかいせき [継承]
3. (英) disaster management (日) 災害管理 (読) さいがいかんり [継承]
4. (英) storm surge (日) 高潮 (読) たかしお [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 土木学会論文集F6(安全問題) ([社団法人 土木學會])
(pISSN: 2185-6621)

ISSN (任意): 2185-6621
ISSN: 2185-6621 (eISSN: 2185-6621)
Title: 土木学会論文集F6(安全問題)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 71 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): I_125 I_130 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2016年 1月 31日 (平成 28年 1月 31日) [継承]
URL (任意): https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejsp/71/2/71_I_125/_pdf [継承]
DOI (任意): 10.2208/jscejsp.71.I_125    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 110991 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 嶋田 宏, 中野 晋, 村田 進, 丹羽 竜也 : ミャンマー国における高潮災害に対する自立的減災力育成を目指した技術支援の取組, 土木学会論文集F6(安全問題), Vol.71, No.2, I_125-I_130, 2016年.
欧文冊子 ● Hiroshi Shimada, Susumu Nakano, Susumu Murata and Tatsuya Niwa : THE MEASURE OF TECHNICAL ASSISTANCE AIMED AT TRAINING FOR THE REDUCTION OF DISASTER INDEPENDENTLY TO STORM SURGE DISASTER IN MYANMAR, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem), Vol.71, No.2, I_125-I_130, 2016.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.66, Max(EID) = 374093, Max(EOID) = 1001600.