『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=306383)

EID=306383EID:306383, Map:0, LastModified:2018年3月29日(木) 15:00:17, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松本 和幸], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 学士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Matsuoka Masaya (日) 松岡 雅也 (読) まつおか まさや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.吉田 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) トピック変動の分析による俗語の特徴抽出   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本研究では俗語の使われ方が時間経過によって変化することに着目した.俗語の含まれたツイート文の集合を潜在的ディリクレ配分法により分析し時間ごとのトピックを得る.このトピックにおけるトピック重要語の集合について隣接する時間(月単位)での類似度を計算し,トピックの変化を抽出し,俗語の特徴となるものを検討する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) slang (日) 俗語 (読) [継承]
2. (英) (日) トピック変動 (読) [継承]
3. (英) Latent Dirichlet Allocation (日) 潜在的ディリクレ配分法 (読) [継承]
発行所 (推奨): 情報処理学会 [継承]
誌名 (必須): 情報処理学会研究報告 ([情報処理学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2016-NL-225 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 1 5 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2016年 1月 22日 (平成 28年 1月 22日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 松岡 雅也, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二 : トピック変動の分析による俗語の特徴抽出, 情報処理学会研究報告, Vol.2016-NL-225, No.4, 1-5, 2016年1月.
欧文冊子 ● Masaya Matsuoka, Kazuyuki Matsumoto, Minoru Yoshida and Kenji Kita : トピック変動の分析による俗語の特徴抽出, IPSJ SIG Technical Report, Vol.2016-NL-225, No.4, 1-5, Jan. 2016.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.55, Max(EID) = 376494, Max(EOID) = 1008315.