『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=305873)

EID=305873EID:305873, Map:0, LastModified:2018年3月7日(水) 13:56:19, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[杉山 茂], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
団体 (必須): 社団法人 化学工学会 [継承]
名称 (必須): (英) 28th International Symposium on Chemical Engineering, Best Oral Presentation Award (日) (読) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座 (2012年4月1日〜) [継承]
2.大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
受賞者 (必須): 1. (英) Ehiro Takuya (日) 永廣 卓哉 (読) えひろ たくや
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.中川 敬三
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Katou Yuuki (日) 加藤 裕樹 (読) かとう ゆうき
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ninomiya Wataru (日) 二宮 航 (読) にのみや わたる
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.杉山 茂 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
学籍番号 (推奨):
[継承]
テーマ (必須): (英) Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on Cr-doped Calcium Hydroxyapatite and Calcium Phosphate  (日) Crで改質したカルシウム水酸アパタイトおよびリン酸カルシウムによるイソブタンの酸化脱水素   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2015年 12月 5日 (平成 27年 12月 5日) [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 永廣 卓哉, 中川 敬三, 加藤 雅裕, 加藤 裕樹, 二宮 航, 杉山 茂 : Crで改質したカルシウム水酸アパタイトおよびリン酸カルシウムによるイソブタンの酸化脱水素, 28th International Symposium on Chemical Engineering, Best Oral Presentation Award, 社団法人 化学工学会, 2015年12月.
欧文冊子 ● Takuya Ehiro, Keizo Nakagawa, Masahiro Katoh, Yuuki Katou, Wataru Ninomiya and Shigeru Sugiyama : Oxidative Dehydrogenation of Isobutane on Cr-doped Calcium Hydroxyapatite and Calcium Phosphate, 28th International Symposium on Chemical Engineering, Best Oral Presentation Award, The Society of Chemical Engineers,Japan, Dec. 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.94, Max(EID) = 360752, Max(EOID) = 966299.