『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=305761)

EID=305761EID:305761, Map:0, LastModified:2015年11月30日(月) 16:25:10, Operator:[湯浅 恭史], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[湯浅 恭史], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): (英) (日) 新建新聞社 (読) [継承]
メディア (必須): (英) (日) リスク対策.com Vol.52 (読) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
報道対象 (必須): 1.湯浅 恭史 ([徳島大学.環境防災研究センター.危機管理研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]/[徳島大学.工学部.建設工学科.環境整備工学講座]) [継承]
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) 災害時アクションカードで地区防災計画   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 徳島県北東部の海側に位置する鳴門市.県の被害想定では南海トラフ巨大地震が発生した場合,最大震度6強,2700人が死亡し,津波や火災による建物全壊は1万1900棟とされる.鳴門市里浦・川東地区では,鳴門市のほか,本社を構える株式会社大塚製薬工場(以下 大塚製薬工場),徳島大学環境防災研究センターのサポートにより「災害時アクションカード」による地区防災計画策定の取り組みが開始されている.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2015年 11月 25日 (平成 27年 11月 25日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 3, LA = 1.71, Max(EID) = 373350, Max(EOID) = 998932.