『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=303238)

EID=303238EID:303238, Map:0, LastModified:2015年9月3日(木) 14:30:19, Operator:[笠原 二郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[笠原 二郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
学科・専攻 (必須): 1.徳島大学.薬科学教育部 (2004年4月1日〜) [継承]
学位 (必須): 課程博士
学位名称 (必須): 博士(薬学)/[博士]
学位正式名称 (必須):
[継承]
[継承]
言語 (推奨):
氏名 (必須):
題名 (必須): (英)   (日) MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスにおけるmirtazapineの治療効果   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
年月日 (必須): 西暦 2014年 9月 初日 (平成 26年 9月 初日) [継承]
指導教員 (必須): 1.笠原 二郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.神経病態解析学]) [継承]
指導協力教員 (任意):
審査教員 (必須): 1.水口 博之 [継承]
2.滝口 祥令 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学]) [継承]
3.笠原 二郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.神経病態解析学]) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [課程博士] : (氏名) : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスにおけるmirtazapineの治療効果, 2014年9月, 笠原 二郎 [水口 博之, 滝口 祥令, 笠原 二郎].
欧文冊子 ● [課程博士] : (氏名) : MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスにおけるmirtazapineの治療効果, 2014年9月, 笠原 二郎 [水口 博之, 滝口 祥令, 笠原 二郎].

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.29, Max(EID) = 382133, Max(EOID) = 1020775.