『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=299854)

EID=299854EID:299854, Map:0, LastModified:2015年8月21日(金) 10:56:25, Operator:[吉田 守美子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[吉田 守美子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.近藤 剛史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 尾松 卓 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 董 冰子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 大西 幸代 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 相澤 慎一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.遠藤 逸朗 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) インターロイキン(IL)-11は力学的負荷およびPTHによる骨量増加に必要である   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第85回 日本内分泌学会学術総会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 名古屋 (Nagoya/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 4月 19日 (平成 24年 4月 19日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 近藤 剛史, 尾松 卓, 董 冰子, 大西 幸代, 相澤 慎一, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : インターロイキン(IL)-11は力学的負荷およびPTHによる骨量増加に必要である, 第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
欧文冊子 ● Takeshi Kondo, 尾松 卓, 董 冰子, 大西 幸代, 相澤 慎一, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto : インターロイキン(IL)-11は力学的負荷およびPTHによる骨量増加に必要である, 第85回 日本内分泌学会学術総会, April 2012.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.40, Max(EID) = 360884, Max(EOID) = 966589.