『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=298102)

EID=298102EID:298102, Map:0, LastModified:2018年3月22日(木) 17:03:05, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[梶 龍兒], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 報告書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.梶 龍兒
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宮﨑 由道
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.松井 尚子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.医療教育学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.藤田 浩司 ([徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 大崎 裕亮 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 森 敦子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 丸山 恵子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.島谷 佳光
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.野寺 裕之
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (任意):
誌名 (任意): (英) (日) 免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(任意): [継承]
(任意): [継承]
(任意): 154 155 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 0月 初日 (平成 26年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之 : ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果, 免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 154-155, 東京, 2014年(0月).
欧文冊子 ● Ryuji Kaji, Yoshimichi Miyazaki, Naoko Matsui, Koji Fujita, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, Yoshimitsu Shimatani and Hiroyuki Nodera : ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果, 免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 154-155, Tokyo, (month)2014.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.85, Max(EID) = 373309, Max(EOID) = 998785.