『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=296613)

EID=296613EID:296613, Map:0, LastModified:2019年3月25日(月) 14:40:54, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 学士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
2.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
3.徳島大学.病院.診療科.矯正歯科 (2003年10月1日〜) [継承]
4.徳島大学.歯学部 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yoshinaga Kaoru (日) 吉永 薫 (読) よしなが かおる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.渡邉 佳一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Nakamura Ruri (日) 中村 瑠里 (読) なかむら るり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4.佐藤 南 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.ミツイ アカギ シルビア ナオミ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.天知 良太 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.岩浅 亮彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.堀内 信也 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.黒田 晋吾
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 歯科矯正用アンカースクリューの導入による診断内容の変化∼抜歯・非抜歯および抜歯部位の判定に関する検討∼   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第58回中·四国矯正歯科学会大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 18 18 [継承]
都市 (必須): 高松 (Takamatsu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2015年 7月 12日 (平成 27年 7月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 学術展示   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 吉永 薫, 渡邉 佳一郎, 中村 瑠里, 佐藤 南, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 天知 良太, 岩浅 亮彦, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 歯科矯正用アンカースクリューの導入による診断内容の変化∼抜歯・非抜歯および抜歯部位の判定に関する検討∼, 第58回中·四国矯正歯科学会大会, 18, 2015年7月.
欧文冊子 ● Kaoru Yoshinaga, Keiichiro Watanabe, Ruri Nakamura, Minami Sato, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Ryota Amachi, Akihiko Iwasa, Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : 歯科矯正用アンカースクリューの導入による診断内容の変化∼抜歯・非抜歯および抜歯部位の判定に関する検討∼, 第58回中·四国矯正歯科学会大会, 18, July 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.32, Max(EID) = 360832, Max(EOID) = 966486.