『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=295154)

EID=295154EID:295154, Map:0, LastModified:2020年4月9日(木) 14:14:50, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[橋本 親典], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tsuji yukikazu (日) 辻 幸和 (読) つじ ゆきかず
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Li C (日) 李 春鶴 (読) り しゅんかく
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.橋本 親典 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Suhara kentaro (日) 栖原 健太郎 (読) すはら けんたろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Flexural Crack Behaviors of Partially Pre-stressed Concrete Beams with Different Bond Performances  (日) PC鋼材の付着性能が異なるPPC梁の曲げひび割れ性状   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper reports the experimental results obtained for the flexural crack behavior of partially prestressed concrete (PPC) beams manufactured with either the post-tensioning method or the pre-tensioning method. The beams were designed with various compressive strength of 100N/mm2, 70N/mm2,and 35N/mm2. The bond performance between the concrete and the prestressing-steel strands or PC steel bars in post-tensioned PPC beams of various PC grout quality levels, including unbonded grout, and pre-tensioned PPC beams, was found to have a major influence on the flexural crack behavior of PPC beams. Further, with regard to the PPC beams that use high-strength concrete of 100N/mm2 class, post-tensioned PPC beams filled with high-strength PC grout were found to exhibit more desirable flexural crack behavior than pre-tensioned PPC beams. This paper also touches upon the applicability of the flexural crack width calculation formulas given in the Standard Specifications for Concrete Structures of Japan Society of Civil Engineers.  (日) ポストテンション方式によるPPC梁およびプレテンション方式によるPC梁の曲げひび割れ性状について,コンクリートの圧縮強度を00N/mm2,70N/mm2,および35N/mm2に変化させた実験結果を報告する.そして,アンボンドも含めたPCグラウトの品質を変えたポストテンション方式のPPC梁におけるPC鋼より線やPC鋼棒のPC鋼材の付着性能,ならびにプレテンション方式のPPC梁における強度を変えたコンクリートの付着性能が曲げひび割れ性状に大きな影響を及ぼすとともに,土木学会コンクリート標準示方書における曲げひび割れ幅の算定式が良く適用できることを報告する.また100N/mm2級の高強度コンクリートを用いたPPC梁では,プレテンション方式よりも高強度PCグラウトを充填したポストテンション方式のPPC梁の方が曲げひび割れ性状が良好であることも報告する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Post-pretensioned PPC beam (日) ポストテンション方式PPC梁 (読) [継承]
2. (英) Pre-tensioned PPC beam (日) プレテンション方式PPC梁 (読) [継承]
3. (英) bending crack width (日) 曲げひび割れ幅 (読) [継承]
4. (英) Bond performance (日) 付着性能 (読) [継承]
5. (英) PC grout (日) PCグラウト (読) [継承]
6. (英) High strength concretet (日) 高強度コンクリート (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 社団法人 日本コンクリート工学会 (読) [継承]
誌名 (必須): コンクリート工学 ([社団法人 日本コンクリート工学協会])
(pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)

ISSN (任意): 0387-1061
ISSN: 0387-1061 (pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)
Title: コンクリート工学
Supplier: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
Publisher: Japan Concrete Institute
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 53 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 542 550 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2015年 3月 初日 (平成 27年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.3151/coj.53.542    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130005154990 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 辻 幸和, 李 春鶴, 橋本 親典, 栖原 健太郎 : PC鋼材の付着性能が異なるPPC梁の曲げひび割れ性状, コンクリート工学, Vol.53, No.6, 542-550, 2015年3月.
欧文冊子 ● yukikazu Tsuji, C Li, Chikanori Hashimoto and kentaro Suhara : Flexural Crack Behaviors of Partially Pre-stressed Concrete Beams with Different Bond Performances, Concrete Journal, Vol.53, No.6, 542-550, March 2015.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.96, Max(EID) = 382710, Max(EOID) = 1022120.