『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=293018)

EID=293018EID:293018, Map:0, LastModified:2019年4月26日(金) 15:08:44, Operator:[大髙 章], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[重永 章], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.薬学系・総合薬学センター.総合薬学研究推進室 (〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.薬学部.創製薬科学科.創薬学講座.機能分子合成薬学 (2006年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.創薬資源科学部門.機能分子創製学講座.機能分子合成薬学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
4.徳島大学.薬学研究科 (2004年4月1日〜) [継承]
5.徳島大学.薬学研究科.附属医薬創製教育研究センター (2006年4月1日〜) [継承]
6.徳島大学.薬学部.薬学科.医薬資源学講座 (医薬創薬教育研究センター).創薬生命工学 (2006年4月1日〜) [継承]
7.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.創薬資源科学部門.医薬資源科学講座.創薬生命工学 (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tsuda Yusuke (日) 津田 雄介 (読) つだ ゆうすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.重永 章
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Denda Masaya (日) 傳田 将也 (読) でんだ まさや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
4. (英) Sato Kohei (日) 佐藤 浩平 (読) さとう こうへい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5. (英) Kitakaze Keisuke (日) 北風 圭介 (読) きたかぜ けいすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6. (英) Nakamura Takahiro (日) 中村 太寛 (読) なかむら たかひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
7.猪熊 翼 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.薬品製造化学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.伊藤 孝司
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.大髙 章 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.機能分子合成薬学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Development of chemical methodology for preparation of peptide thioesters applicable to naturally occurring peptides using a sequential quadruple acyl transfer system  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): John Wiley & Sons, Inc. [継承]
誌名 (必須): ChemistryOpen (ChemPubSoc Europe)
(eISSN: 2191-1363)

ISSN (任意): 2191-1363
ISSN: 2191-1363 (eISSN: 2191-1363)
Title: ChemistryOpen
Title(ISO): ChemistryOpen
Publisher: John Wiley & Sons Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 448 452 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2015年 4月 初日 (平成 27年 4月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1002/open.201500086    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意): 000362191700005 [継承]
Scopus (任意): 2-s2.0-84942501459 [継承]
機関リポジトリ : 111883 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of chemical methodology for preparation of peptide thioesters applicable to naturally occurring peptides using a sequential quadruple acyl transfer system, ChemistryOpen, Vol.4, No.4, 448-452, 2015.
欧文冊子 ● Yusuke Tsuda, Akira Shigenaga, Masaya Denda, Kohei Sato, Keisuke Kitakaze, Takahiro Nakamura, Tsubasa Inokuma, Kouji Itou and Akira Otaka : Development of chemical methodology for preparation of peptide thioesters applicable to naturally occurring peptides using a sequential quadruple acyl transfer system, ChemistryOpen, Vol.4, No.4, 448-452, 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.39, Max(EID) = 405255, Max(EOID) = 1099163.