『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=292137)

EID=292137EID:292137, Map:0, LastModified:2015年3月29日(日) 23:16:40, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): 日本放送協会(NHK) [継承]
メディア (必須): (英) (日) NHK総合 (読) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
報道対象 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]) [継承]
カテゴリ (必須): 社会貢献 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) ニュース・気象情報 徳島県内のニュース 「花見に合わせ津波避難訓練」   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 家族連れなどで花見にでかける機会にあわせて,津波の際の避難経路を確認してもらおうという防災訓練が,阿南市で行われました. この訓練は,住民の避難経路沿いに桜が咲くこの時期に行うことで,より多くの家族連れなどに参加してもらおうと,阿南市畭町で初めて行われました. 訓練は,午前11時に震度6弱の大地震が発生し,津波警報が出されたという想定ではじまり,サイレンの音がながれると住民およそ150人が自宅を出て避難場所に指定されている海抜60メートルほどの高台に避難しました. 訓練のあと,避難場所では徳島大学環境防災研究センターの中野晋教授が講演し,住民たちは日ごろから避難場所や経路を確認しておくことの重要性を学んでいました. 参加した50代の女性は「花見も兼ねることで,参加しやすかったです.桜が満開になるころにまた,この高台に来て避難経路を確認したいです」と話していました. 南海トラフの巨大地震が起きた場合,この町では最大で高さ3メートルまで浸水するおそれがあるということで,町では,今後も多くの人が参加できるよう,さまざまな行事と組み合わせた避難訓練を企画していくとしています.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2015年 3月 29日 (平成 27年 3月 29日) [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) 放送:3月29日(日)18:50∼18:55   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.65, Max(EID) = 375405, Max(EOID) = 1006117.