『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=291705)

EID=291705EID:291705, Map:0, LastModified:2020年4月21日(火) 22:15:59, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.山本 裕史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Niino Tatsuhiro (日) 新野 竜大 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.鑪迫 典久 ([独立行政法人 国立環境研究所])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Current trends and future perspectives on evaluation and control of toxic chemicals in effluents using bioassay  (日) 生物応答を用いた排水評価・管理の動向と今後の展望   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 環境化学 (日本環境化学会)
(pISSN: 0917-2408, eISSN: 1882-5818)

ISSN (任意): 1882-5818
ISSN: 0917-2408 (pISSN: 0917-2408, eISSN: 1882-5818)
Title: 環境化学
Supplier: 一般社団法人 日本環境化学会
Publisher: Japan Society for Environmental Chemistry
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 25 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 3 10 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2015年 3月 19日 (平成 27年 3月 19日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.5985/jec.25.3    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山本 裕史, 新野 竜大, 鑪迫 典久 : 生物応答を用いた排水評価・管理の動向と今後の展望, 環境化学, Vol.25, No.1, 3-10, 2015年3月.
欧文冊子 ● Hiroshi Yamamoto, Tatsuhiro Niino and Norihisa Tatarazako : Current trends and future perspectives on evaluation and control of toxic chemicals in effluents using bioassay, Journal of Environmental Chemistry, Vol.25, No.1, 3-10, March 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.30, Max(EID) = 383265, Max(EOID) = 1024358.