『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=290922)

EID=290922EID:290922, Map:0, LastModified:2015年3月3日(火) 11:48:07, Operator:[橋本 親典], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[橋本 親典], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tsuji yukikazu (日) 辻 幸和 (読) つじ ゆきかず
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Li C (日) 李 春鶴 (読) り しゅんかく
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Suhara kentaro (日) 栖原 健太郎 (読) すはら けんたろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.橋本 親典 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Flexural Crack Behaviors of Partially Pre-stressed High Strength Concrete Beams  (日) 高強度コンクリートを用いたPPC梁の曲げひび割れ性状   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) While the bending cracks properties of RC beams and PC beams have already been reported numerously in relation to the erective use of high strength concrete,few studies have been conducted on the erect of increasing the strength of concrete on the bending cracks properties of PPC beams.This paper reports the experimental results obtained by a study examining primarily the bending cracks width of PPC beams using high-strength concrete through comparison with PPC beams using ordinary concrete, with the amount of tension reinforcement and the quality of the PC grout as the main factors. Amongg the main findings are the fact that even when high strength concrete is used, the effect of PC groutstrength is small, the fact that a bending crack dispersion effect was not necessarily obtained in PPC beams with small tensile reinforcement ratio, and the fact that although bending crack width could be reduced in PPC beams with small tensile reinforcement ratio, almost no such reduction could be achieved in PPC beams with large tensile reinforcement ratio.  (日) 高強度コンクリートの有効利用のために,RC梁とPC梁の曲げひび割れ性状については,既に多くの報告があるが,PPC梁の曲げひび割れ性状に及ぼすコンクリートの高強度化の検討は,十分ではない.本研究では,引張鉄筋の使用量,PCグラウトの品質を主な要因にとり,普通コンクリートを用いたPPC梁と比較検討することで,高強度コンクリートを用いたPPC梁の特に曲げひび割れ幅に主体を置いて検討した実験結果を報告する.すなわち,高強度コンクリートを用いても,PCグラウト強度の影響は小さいこと,引張鉄筋比の小さいPPC梁では曲げひび割れの分散効果は必ずしも得られなかったこと,曲げひび割れ幅は引張鉄筋比の小さいPPC梁では減少できる結果を得たものの,引張鉄筋比の大きいPPC梁ではほとんど減少できなかったことなどの知見を示した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) PPC beams (日) PPC梁 (読) [継承]
2. (英) bending crack width (日) 曲げひび割れ幅 (読) [継承]
3. (英) bending crack spacing (日) 曲げひび割れ間隔 (読) [継承]
4. (英) high strength concrete (日) 高強度コンクリート (読) [継承]
5. (英) tensile reinforcement ratio (日) 引張鉄筋比 (読) [継承]
6. (英) rectangular section (日) 矩形断面 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 社団法人 日本コンクリート工学会 (読) [継承]
誌名 (必須): コンクリート工学 ([社団法人 日本コンクリート工学協会])
(resolved by 0387-1061)
ISSN: 0387-1061 (pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)
Title: コンクリート工学
Supplier: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
Publisher: Japan Concrete Institute
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 2186-2753)
ISSN: 0387-1061 (pISSN: 0387-1061, eISSN: 2186-2753)
Title: コンクリート工学
Supplier: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
Publisher: Japan Concrete Institute
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 53 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 275 282 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2015年 3月 初日 (平成 27年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 辻 幸和, 李 春鶴, 栖原 健太郎, 橋本 親典 : 高強度コンクリートを用いたPPC梁の曲げひび割れ性状, コンクリート工学, Vol.53, No.3, 275-282, 2015年3月.
欧文冊子 ● yukikazu Tsuji, C Li, kentaro Suhara and Chikanori Hashimoto : Flexural Crack Behaviors of Partially Pre-stressed High Strength Concrete Beams, Concrete Journal, Vol.53, No.3, 275-282, March 2015.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.71, Max(EID) = 382813, Max(EOID) = 1022503.