『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=288492)

EID=288492EID:288492, Map:0, LastModified:2014年12月2日(火) 19:02:17, Operator:[山中 建二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山中 建二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エネルギーシステム部門.エネルギー変換工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.エネルギーシステム部門.エネルギー変換工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
研究者 (必須): 1.山中 建二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.電気エネルギー分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気エネルギー講座]) [継承]
2.大西 徳生 [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 独立行政法人 科学技術振興機構 (2003年10月1日〜/->組織[科学技術振興事業団]) [継承]
予算名 (必須): (英) (日) 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) (読) [継承]
予算名2 (推奨):
番号 (推奨): AS242Z01383L [継承]
課題 (必須): (英)   (日) PM感応型ディーゼルエンジンターボチャージャシステムの開発   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) ディーゼルエンジン車の排気ガスに含まれる黒煙の減少を図る.特に現行して走行している過年度自動車を対照とする.排気ガスに含まれる黒煙(PM:粒子状物質)発生は,エンジン内での不完全燃焼が主な原因で,エンジン吸気の空気量不足(酸素不足)があげられる.そこで空気不足を補うために電動ターボ(過給機)を黒煙の発生状況に応じて制御し,空気の供給量を調節することにより黒煙の発生を抑える.これら黒煙検出や電動ターボ制御,制御回路等の製作を実施,実際の自動車用ディーゼルエンジンを用いて実機検証を行う.   [継承]
金額 (推奨): 1.1697.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 2012年 11月 1日 (平成 24年 11月 1日) 〜西暦 2013年 10月 31日 (平成 25年 10月 31日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山中 建二, 大西 徳生 : 独立行政法人 科学技術振興機構, 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)・(予算名2), PM感応型ディーゼルエンジンターボチャージャシステムの開発, 2012年11月〜2013年10月.
欧文冊子 ● Kenji Yamanaka and Tokuo Ohnishi : Japan Science and Technology Agency, 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(予算名2), PM感応型ディーゼルエンジンターボチャージャシステムの開発, Nov. 2012-Oct. 2013.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.48, Max(EID) = 373349, Max(EOID) = 998913.