『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=288306)

EID=288306EID:288306, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 10:20:35, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
カテゴリ (必須): 研究 [継承]
団体 (必須): 日本矯正歯科学会 [継承]
名称 (必須): (英) (日) 第73日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞 (読) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
受賞者 (必須): 1.森 浩喜
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.井澤 俊
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
学籍番号 (推奨):
[継承]
テーマ (必須): (英) Role of S1P/Smad3 signaling on the pathogenesis of TMJ-OA  (日) 変形性顎関節症の病態形成におけるS1P/Smad3シグナルの役割   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 10月 22日 (平成 26年 10月 22日) [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 森 浩喜, 井澤 俊, 田中 栄二 : 変形性顎関節症の病態形成におけるS1P/Smad3シグナルの役割, 第73日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2014年10月.
欧文冊子 ● Hiroki Mori, Takashi Izawa and Eiji Tanaka : Role of S1P/Smad3 signaling on the pathogenesis of TMJ-OA, 第73日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞, Japanes Orthodontic Society, Oct. 2014.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.57, Max(EID) = 375682, Max(EOID) = 1006627.