『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=288174)

EID=288174EID:288174, Map:0, LastModified:2018年3月12日(月) 15:46:54, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松本 和幸], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.松本 和幸 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として研究手法の提案および論文執筆を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Manabu Sasayama (日) 篠山 学 (読) ささやま まなぶ
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として先行研究の調査と考察の一部を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.肖 清梅
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として参考文献の調査を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Akira Fujisawa (日) 藤澤 日明 (読) ふじさわ あきら
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として参考文献の調査の一部を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5.吉田 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として考察の一部および英文の校正を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 共著者として研究総括を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Reranking the Search Results for Lyric Retrieval Based on the Songwriters' Specific Usage of Words  (日) 作詞者特有の語に基づく歌詞検索結果の再ランキング手法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) In this paper, we proposed a method to search lyrics by considering tendency of the words used by the songwriters, and aimed to improve the search accuracy. The existing methods of query expansion for document retrieval tended to focus on the words co-occurrence relation obtained from large amount of text data or to focus on synonymy relation of words to expand query. However, lyrics have different characteris-tics from business documents or weblog articles. For example, lyrics contain a lot of expressions made with different combinations of words compared to other text styles. Therefore, it is not always effective to focus on co-occurrence relation or semantic relation on thesaurus. In this paper, we were on the assumption that the tendency of the words used in the lyrics are different among songwriters. And, we constructed a data of the important words for each songwriter. We used this important word list made for each songwriter to add weight on the search results by n-gram. According to the weights, we rearranged the rank order of the search result aiming to improve the accuracy. We conducted an evaluation experiment using the artificially-created fragment of lyrics including errors as search query, and found that the proposed method improved MRR compared to the baseline method.  (日) 作詞者がよく用いる語を考慮することで歌詞検索の精度向上を目指す手法を提案する.既存の検索におけるクエリ拡張では,単語の共起関係を大規模テキストデータから得るものが多かった.しかしながら,歌詞の場合は,一般的なテキストデータとは語の共起傾向が異なることが先行研究からも明らかである.本論文で提案する手法は,歌詞においてよく出現するフレーズを分析する.また,検索に用いる歌詞片に人為的にノイズを加えることによる精度低下を抑えるため,誤りを検出する方法を考える.歌詞のtrigramによる曖昧検索に基づく拡張候補語の取得をおこなう.拡張候補語をキーとして,文脈的に類似したキーワードを検索クエリに加えたうえでの歌詞検索結果に対し,作詞者ごとに単語に重み付けすることでランキング結果を改善する.提案手法により,重み付けを行わない手法に比べMRRが向上することが確認できた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) lyric retrieval (日) 歌詞検索 (読) [継承]
2. (英) query expansion (日) クエリ拡張 (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Electronics, Communications and Networks IV Proceedings of the 4TH Internationa Conference on Electronics, Communications and Networks, 12 15 December 2014, Beijing, China (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1045 1052 [継承]
都市 (必須): 北京 (Beijing/[中華人民共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 12月 初日 (平成 26年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Sasayama Manabu, Qingmei Xiao, Fujisawa Akira, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Reranking the Search Results for Lyric Retrieval Based on the Songwriters' Specific Usage of Words, Electronics, Communications and Networks IV Proceedings of the 4TH Internationa Conference on Electronics, Communications and Networks, 12 15 December 2014, Beijing, China, 1045-1052, Beijing, Dec. 2014.
欧文冊子 ● Kazuyuki Matsumoto, Sasayama Manabu, Qingmei Xiao, Fujisawa Akira, Minoru Yoshida and Kenji Kita : Reranking the Search Results for Lyric Retrieval Based on the Songwriters' Specific Usage of Words, Electronics, Communications and Networks IV Proceedings of the 4TH Internationa Conference on Electronics, Communications and Networks, 12 15 December 2014, Beijing, China, 1045-1052, Beijing, Dec. 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.10, Max(EID) = 376494, Max(EOID) = 1008315.