『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=287779)

EID=287779EID:287779, Map:0, LastModified:2021年6月4日(金) 11:25:56, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北岡 教英], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.柘植 覚
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ohashi Hiromasa (日) 大橋 宏正 (読) おおはしひろまさ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ichikawa Ken (日) 市川 賢 (読) いちかわけん
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.北岡 教英
役割 (任意): (英)   (日) 共同研究者として手法を考案し実験を指導し,論文を執筆した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Takeda Kazuya (日) 武田 一哉 (読) たけだかずや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 共同研究者として,研究手法に関する助言を行った.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 音声ドキュメント検索における種々の検討および線形補間係数を自動決定する検索質問拡張   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,2011年に開催されたNTCIR-9ワークショップのコアタスクSpokenDoc内のSDRサブタスクに参加した際に行った音声ドキュメント検索に対する種々の検討を報告する.ベクトル空間モデルによるテキスト検索において,索引語の単位,索引語重みづけ方法,ベクトル空間に射影する音声認識候補数,検索質問拡張方法などの比較を行い,各ベクトル空間で計算される類似度を統合して音声ドキュメント検索を行う手法を提案した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 情報処理学会論文誌 (読)
ISSN (任意): 1882-7764 [継承]
[継承]
(必須): 55 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 1625 1636 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2014年 7月 初日 (平成 26年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110009795217 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 柘植 覚, 大橋 宏正, 市川 賢, 北岡 教英, 武田 一哉, 北 研二 : 音声ドキュメント検索における種々の検討および線形補間係数を自動決定する検索質問拡張, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.6, 1625-1636, 2014年.
欧文冊子 ● Satoru Tsuge, Hiromasa Ohashi, Ken Ichikawa, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda and Kenji Kita : 音声ドキュメント検索における種々の検討および線形補間係数を自動決定する検索質問拡張, 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.6, 1625-1636, 2014.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.48, Max(EID) = 376365, Max(EOID) = 1008089.