『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=287336)

EID=287336EID:287336, Map:0, LastModified:2015年4月30日(木) 14:27:31, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松久 宗英], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 小林 哲郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 難波 光義 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.黒田 暁生 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.松久 宗英 ([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 山田 研太郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 今村 洋一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 金重 勝博 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) (日) 浜口 朋也 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) (日) 川村 智行 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) (日) 佐藤 譲 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) (日) 高橋 和眞 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) (日) 丸山 太郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13. (英) (日) 西村 理明 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14. (英) (日) 勝野 朋幸 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15. (英) (日) 楠 宜樹 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16. (英) (日) 清水 一紀 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
17. (英) (日) 柳澤 克之 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
18. (英) (日) 粟田 卓也 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
19. (英) (日) 雨宮 伸 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Consensus Statement on Continuous Subcutaneous Insulin Infusion and Continuous Glucose Monitoring  (日) 日本先進糖尿病治療研究会によるCSⅡおよびCGMに関するステートメント   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The use of continuous subcutaneous insulin infusion (CSII) and continuous glucose monitoring (CGM) in clinical practice is increasing in Japan. Against this background, the Association for the Study of Innovative Diabetes Treatment in Japan (ASINDTJ) arranged a Consensus Statement of opinions for the optimal and safe routine use of CSII and CGM. The Consensus Statement on the routine use of CSII and CGM includes patient selection and indications for clinical outcomes as well as risk management for routine use. The development of patient educational programs conducted by diabetologists in association with certified diabetes educators (CDEs) regarding the use of pumps and/or CGM is a prerequisite for clinical use. In addition, items associated with CSII and CGM, such as insulin dose adjustment, application methods for use in daily life, diet and exercise, risk management of pump difficulties, " sick day" occasions and skin problems, are included in the Consensus Statement. Our consensus opinion and suggestions also emphasize the usefulness of CSII and CGM in adult diabetic patients as well as children with type 1 and type 2 diabetes and pregnant diabetic patients. According to the Consensus Statement, the development of detailed educational guidelines for the use of CSII and CGM is needed.  (日) 最近,持続インスリン皮下注入療法(Continuous subcutaneous insulin infusion:以下CSII)と持続血糖モニタリング(Continuous glucose monitoring:以下CGM)が糖尿病の治療機器として普及しつつある.我々はCSIIおよびCGMに関する科学的根拠をもとに,これをコンセンサスステートメントとしてまとめた.CSIIでは適応,臨床効果,リスク管理など,さらに,運用法の実際的な要点,シックデイ,妊娠,食事・運動などに関する注意などについて述べた.CGMに関してもその適応と効果,糖尿病治療への活用法,注意点を述べた.CSIIおよびCGMは1型糖尿病,2型糖尿病の一部や妊娠中の糖尿病症例にも重要な臨床機器であり,このステートメントをもとに内科および小児科領域の患者教育に適応できる具体的なガイドラインの作成が望まれる.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Continuous subcutaneous insulin infusion(CSII)(C-14) (日) Continuous glucose monitoring(CGM)(該当番号なし) (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) THE JAPAN DIABETES SOCIETY (日) (読) [継承]
誌名 (必須): 糖尿病 ([社団法人 日本糖尿病学会])
(pISSN: 0021-437X, eISSN: 1881-588X)

ISSN (任意): 0021-437X
ISSN: 0021-437X (pISSN: 0021-437X, eISSN: 1881-588X)
Title: 糖尿病
Supplier: 一般社団法人 日本糖尿病学会
Publisher: Japan Diabetes Society
 (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 57 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 403 415 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2014年 0月 初日 (平成 26年 0月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/130004905446/ [継承]
DOI (任意): 10.11213/tonyobyo.57.403    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130004905446 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-84903996238 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 小林 哲郎, 難波 光義, 黒田 暁生, 松久 宗英, 山田 研太郎, 今村 洋一, 金重 勝博, 浜口 朋也, 川村 智行, 佐藤 譲, 高橋 和眞, 丸山 太郎, 西村 理明, 勝野 朋幸, 楠 宜樹, 清水 一紀, 柳澤 克之, 粟田 卓也, 雨宮 伸 : 日本先進糖尿病治療研究会によるCSⅡおよびCGMに関するステートメント, 糖尿病, Vol.57, No.6, 403-415, 2014年.
欧文冊子 ● 小林 哲郎, 難波 光義, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, 山田 研太郎, 今村 洋一, 金重 勝博, 浜口 朋也, 川村 智行, 佐藤 譲, 高橋 和眞, 丸山 太郎, 西村 理明, 勝野 朋幸, 楠 宜樹, 清水 一紀, 柳澤 克之, 粟田 卓也 and 雨宮 伸 : Consensus Statement on Continuous Subcutaneous Insulin Infusion and Continuous Glucose Monitoring, Journal of the The Japan Diabetes Society, Vol.57, No.6, 403-415, 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.55, Max(EID) = 373382, Max(EOID) = 999130.