『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=286124)

EID=286124EID:286124, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:09:58, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Universiti Teknikal Malaysia Melaka [継承]
2.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) KASIM Mohd Shahir (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) CHE HARON Che Hasan (日) (読)
役割 (任意): (英) SALLEH Mohd Rizal  (日)    [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) GHANI Jaharah Abd (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) IZAMSHAH Raja (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) SAEDON Juri (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) MOHAMAD Effendi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Tool life assessment of untreated and aged hardening Inconel 718 during end milling  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This article presents the tool life study of two different grades of Inconel 718. Tool life of ball nose cutting tools were investigated by considering the numerical parameters of cutting speed, feed rate, depth of cut and width of cut. The categorical factor is material grade. Two sets of different cutting parameters that were previously using design of experiment (DOE) approaches were combined and analysed using historical data of response surface methodology (RSM). This method can be used to determine the dominant factors to identify the interaction between cutting parameter and tool life. ANOVA result shows that the type of material with different grade is not significant in contributing to tool life compared to width of cut, cutting speed, feed rate, and depth of cut. The best combination for untreated Inconel 718 is Vc = 102 m/min, fz = 0.11 mm/tooth, ap = 0.52 mm and ae = 0.28 mm in order to obtain predicted tool life of 127 min, whereas the best combination of double aging is Vc = 114 m/min, fz 0.11 mm/tooth, ap 0.61 and ae 0.21 to obtain 113 min of tool life. The study shows that the Historical Data method is suitable for finding the optimization condition from different DOE approaches.  (日) この記事では,切削速度,送り速度,切り込みカットの幅の深さの数値パラメータを考慮して調査した切削工具ボールノーズのインコネル718工具寿命の二つの異なる等級の工具寿命試験を示す.カテゴリの要因は,素材のグレードです.以前に合わせた実験(DOE)アプローチの設計を使用し,応答曲面法(RSM)の履歴データを用いて分析した種々の切削パラメータを2に設定する.この方法では,切削パラメータと工具寿命との間の相互作用を同定するために支配的な要因を決定することができる. ANOVAの結果は,異なるグレードの材料の種類は,カットの幅は,切削速度,送り速度,および切り込みの深さに比べて工具寿命に貢献する重要ではないことを示している.二重老化の最適な組み合わせであるのに対し,未処理のインコネル718のための最良の組み合わせは,=102メートル/分,fzを=0.11ミリメートル/刃,a p=0.52ミリメートルとAE=127分の予測工具寿命を得るためには0.28ミリメートルVcがあるVcは=114メートル/分,0.11ミリメートル/刃,a p0.61およびAE0.21 FZ工具寿命の113分を得る.研究では,履歴データ方式が異なるDOEアプローチの最適化条件を見出すのに適していることを示している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 2315 2315 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 9月 18日 (平成 26年 9月 18日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shahir Mohd KASIM, Hasan HARON Che CHE, Abd Jaharah GHANI, Raja IZAMSHAH, Juri SAEDON, Effendi MOHAMAD and Teruaki Ito : Tool life assessment of untreated and aged hardening Inconel 718 during end milling, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2315, Sep. 2014.
欧文冊子 ● Shahir Mohd KASIM, Hasan HARON Che CHE, Abd Jaharah GHANI, Raja IZAMSHAH, Juri SAEDON, Effendi MOHAMAD and Teruaki Ito : Tool life assessment of untreated and aged hardening Inconel 718 during end milling, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2315, Sep. 2014.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.57, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998587.