『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=286123)

EID=286123EID:286123, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:10:15, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Universiti Teknikal Malaysia Melaka [継承]
2.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) AFANDI Irwan (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) (読)
役割 (任意): (英) SALLEH Mohd Rizal  (日)    [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Productivity Improvement for Assembly Line Using Lean Manufacturing Approach  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Productivity is one of the most important criteria in manufacturing industry and it has a significant impact on quality, delivery and cost. Many factors including lead time, manpower and production process need to be properly designed in order to obtain better productivity. So that, the right components can be delivered at the right time and at the right quantity. The purpose of this study is to introduce a systematic improvement method for increasing productivity of the battery assembly production line at a multi-national company in Penang, Malaysia. Some lean tools, for instance, Just in Time (JIT), Pull System and Setup Reduction can be considered towards achieving the objectives that had been set for this study. Time study has been used as data collection method in which time required for each sub assembly process has been taken accordingly. The data has been plotted in a bar chart for line balancing analysis. Then, the data was analyzed using Yamazumi Chart to segregate between necessary and unnecessary elements in sub assembly processes and also to determine which sub assembly processes or activities that can be combined together with minimum cycle time. As a result, the workstation has been reduced from 17 to 15 workstations in which the productivity has increased from 87% to 120%. The combination of appropriate sub assembly processes has reduced the manufacturing lead time which is inversely proportional to productivity rate.  (日) 生産性は,製造業の最も重要な基準の一つであり,それは品質,納期やコストに大きな影響を与える.リードタイム,マンパワーおよび製造プロセスを含む多くの要因が適切に優れた生産性を得るために設計される必要がある.ように,右のコンポーネントは,適切なタイミングで,右の量で送達することができる.本研究の目的は,マレーシア,ペナンにおいて多国籍企業での組電池の生産ラインの生産性を増加させるための体系的な改善方法を導入することである.いくつかのリーンのツールは,例えば,ジャストインタイム(JIT)で,[システム]を引いて,セットアップ還元は,この研究のために設定されていた目標の達成に向けて考えることができる.時間研究は,各サブ組立工程に要する時間はそれに応じて撮影されたデータ収集方法として使用されている.データは,ラインバランス分析のための棒グラフにプロットされている.そして,データは,サブ組立工程に必要かつ不必要な要素の間で分離するYamazumiチャートを用いて分析し,また,決定するためにどのサブ最小サイクル時間で組み合わせることができる組立工程または活動.その結果,ワークステーションは,生産性が120%から87%に増加した17∼15のワークステーションから減少している.適切なサブ組立工程の組み合わせは,生産速度に反比例する,製造リードタイムを低減している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 2312 2312 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 9月 18日 (平成 26年 9月 18日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Irwan AFANDI, (著者) and Teruaki Ito : Productivity Improvement for Assembly Line Using Lean Manufacturing Approach, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2312, Sep. 2014.
欧文冊子 ● Irwan AFANDI, (著者) and Teruaki Ito : Productivity Improvement for Assembly Line Using Lean Manufacturing Approach, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2312, Sep. 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.68, Max(EID) = 373299, Max(EOID) = 998707.