『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=286119)

EID=286119EID:286119, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:11:35, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Universiti Teknikal Malaysia Melaka [継承]
2.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) SULAIMAN Mohd Amri (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) CHE HARON Che Hasan (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) GHANI Jaharah Abd (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) IZAMSHAH Raja (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) MOHAMAD Effendi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Tool Performance of an Uncoated Carbide in High-speed Turning of Titanium Ti-6Al-4V ELI  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The tool performance of uncoated carbide insert, CNGG 120408-SGF-H13A, in turning the titanium alloy Ti-6Al-4V ELI with 32 HRC was investigated. The objective of this study is to investigate the tool wear progression during finish turning of the titanium alloy using different combinations of cutting parameter values. A high cutting speed range for the uncoated carbide insert was used to cut Ti-6Al-4V ELI under flooded conditions. The cutting parameters were chosen based on the experimental design. In particular, the Box-Behnken design was used to determine 17 parameter combinations. The three main factors considered were the cutting speed, feed rate, and depth of cut. The cutting speeds were 120, 170, and 220 m/min; the feed rate values were 0.1, 0.15, and 0.2 mm/rev; and the depths of cut were 0.4, 0.5, and 0.6 mm. The results show that the cutting speed had the greatest effect on the tool life, followed by the feed rate and depth of cut. The optimum combination of cutting parameters is as follows: a cutting speed of 220 m/min, a feed rate of 0.1 mm/rev, and a depth of cut of 0.5 mm. Moreover, the shortest tool life was 1.2 min, whereas the longest was 42.2 min. Analysis of the wear mechanisms indicate that flank and crater wear are the major types of failure in titanium alloy turning.  (日) コーティングされていない炭化物インサートの工具性能は,CNGG120408-SGF-H13Aは,チタン合金Ti-6Al-4V ELIを回す32 HRCを調査したと.本研究の目的は,パラメータ値の切断の異なる組み合わせを使用してチタン合金の仕上げ旋削時の工具摩耗の進行を調査することである.コーティングされていない炭化物インサートのための高切削速度の範囲が浸水条件下でのTi-6AL-4V ELIを切断するために使用した.切削条件は,実験計画に基づいて選択された.特に,ボックス-Behnken計画設計は17パラメータの組み合わせを決定した.考えられ,3つの主な要因は,切削速度,送り速度,および切り込みの深さであった.切削速度は,170および220のm /分で120であった.供給速度の値は,0.1,0.15,0.2 mm /回転であった.カットの深さは0.4,0.5,および0.6ミリメートルであった.結果は,切削速度,送り速度や切り込み続い工具寿命に最も大きな影響を有したことを示している.次のように切削パラメータの最適な組み合わせは:切削速度220メートル/分で0.1 mm /回転の送り速度,0.5mmの切削深さ.最長は42.2分であったのに対し,また,最短工具寿命は1.2分であった.摩耗機構の分析は,逃げ面及びクレータ摩耗がチタン合金旋削における障害の主要なタイプであることを示している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 2306 2306 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 9月 18日 (平成 26年 9月 18日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Amri Mohd SULAIMAN, Hasan HARON Che CHE, Abd Jaharah GHANI, Raja IZAMSHAH, Effendi MOHAMAD and Teruaki Ito : Tool Performance of an Uncoated Carbide in High-speed Turning of Titanium Ti-6Al-4V ELI, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2306, Sep. 2014.
欧文冊子 ● Amri Mohd SULAIMAN, Hasan HARON Che CHE, Abd Jaharah GHANI, Raja IZAMSHAH, Effendi MOHAMAD and Teruaki Ito : Tool Performance of an Uncoated Carbide in High-speed Turning of Titanium Ti-6Al-4V ELI, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2306, Sep. 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 373299, Max(EOID) = 998707.