『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=286118)

EID=286118EID:286118, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:11:51, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Universiti Teknikal Malaysia Melaka [継承]
2.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) AZAM Mohd Asyadi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) AMIN BISTAMAM Mohd Shahril (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) ABDUL MANAF Nor Syafira Abdu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) MOHAMAD Effendi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Deposition of Catalyst and Catalyst-Support Thin Films for Aligned Carbon Nanotube Growth  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Aligned carbon nanotube (A-CNT) has been widely studied due to their extensive potential applications. Despite the fact that catalytic chemical vapor deposition (C-CVD) process influences A-CNT growth, catalyst and catalyst-support thin films preparation is also another major key role. Challenges and future perspectives in the A-CNT growth will also be discussed. Carbon nanomaterial especially CNT possesses remarkably significant achievements towards the development of sustainable energy storage applications. This article reviews aligned CNTs grown from CVD technique as electrode material in batteries and electrochemical capacitors. As compared to the entangled CNTs, aligned or well organized CNTs have advantages in specific surface area and ion accessibility in which, more electrolyte ions can access to CNT surfaces for better charge storage performance. CVD known as the most popular technique to produce CNTs enables the use of various substrates and CNT can grow in a variety of forms, such as powder, films, aligned or entangled. Also, CVD is a simple and economic technique, and has good controllability of direction and CNT dimension. High purity of as-grown CNTs is also another beauty of the CVD technique. The current trend and performance of devices utilizing CNTs as electrode material is also extensively discussed.  (日) 配向カーボンナノチューブ(A-CNT)が広く,それらの広範囲の潜在的な用途のために研究されてきた.触媒化学気相成長法(C-CVD)プロセスは,CNTの成長は,触媒および触媒担体の薄膜作製に影響を及ぼすという事実にもかかわらず,別の主要な重要な役割である. A-CNT成長における課題と今後の展望についても議論されます.カーボンナノ材料は,特にCNTは,持続可能なエネルギー貯蔵アプリケーションの開発に向けた著しく大きな成果を持っています.この記事のレビューは電池や電気化学キャパシタにおける電極材料としてCVD技術から成長したCNTを整列. ,絡み合ったカーボンナノチューブと比較して整列されるか,よく組織CNTが比表面積及びイオンアクセシビリティの利点を持っているCNTが良く電荷蓄積性能を表面にした,より多くの電解質イオンがアクセスすることができる.カーボンナノチューブを製造するための最も人気のある技術として知らCVDは,様々な基板の使用を可能にし,CNTは,粉末,フィルム,整列またはもつれなどの種々の形態で成長することができる.また,CVDは,シンプルで経済的な技術であり,方向およびCNT寸法の良好な制御を有する.として成長したCNTの高純度もCVD技術の別の美しさです.現在の傾向と,電極材料としてカーボンナノチューブを利用したデバイスの性能は,広範囲に議論されている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 2304 2304 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 9月 18日 (平成 26年 9月 18日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Asyadi Mohd AZAM, Shahril BISTAMAM Mohd AMIN, Abdu MANAF Nor Syafira ABDUL, Effendi MOHAMAD and Teruaki Ito : Deposition of Catalyst and Catalyst-Support Thin Films for Aligned Carbon Nanotube Growth, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2304, Sep. 2014.
欧文冊子 ● Asyadi Mohd AZAM, Shahril BISTAMAM Mohd AMIN, Abdu MANAF Nor Syafira ABDUL, Effendi MOHAMAD and Teruaki Ito : Deposition of Catalyst and Catalyst-Support Thin Films for Aligned Carbon Nanotube Growth, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2014・講演論文集, (巻), (号), 2304, Sep. 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 373299, Max(EOID) = 998707.