『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=282102)

EID=282102EID:282102, Map:0, LastModified:2014年10月21日(火) 13:48:40, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[久保 宜明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 五十嵐 愛子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 畑 郁江 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 林 泰平 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 川谷 正男 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 大嶋 勇成 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 眞弓 光文 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.久保 宜明 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.皮膚科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Various Vascular Lesions in a Girl with Bannayan-Riley-Ruvalcaba Syndrome  (日) 多彩な血管病変を呈したBannayan-Riley-Ruvalcaba症候群の1例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) (日) *過誤腫症候群-多発性(合併症); 肝臓疾患(病因,X線診断); 肝動脈(X線診断); *血管疾患(病因,X線診断); 血管瘻(病因,X線診断); X線CT; 動静脈瘻(病因,X線診断); 動脈瘤(病因,X線診断); 変異; 門脈(X線診断); 血管脂肪腫(病因,X線診断); PTEN Phosphatase (読) [継承]
2. (英) (日) *Bannayan-Zonana症候群(合併症); 肝内短絡路(病因,X線診断); 腹部CT (読) [継承]
3. (英) (日) ヒト; 青年期(13∼18); 女 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) (日) 日本小児科学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 日本小児科学会雑誌 (日本小児科学会)
(pISSN: 0001-6543)

ISSN (任意): 0001-6543
ISSN: 0001-6543 (pISSN: 0001-6543)
Title: Nihon Shonika Gakkai zasshi. Acta paediatrica Japonica
Title(ISO): Nihon Shonika Gakkai Zasshi
 (NLM Catalog  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 117 [継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 868 871 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 5月 初日 (平成 25年 5月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40019693709/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 40019693709 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) %D: 2013  (日)    [継承]
2.(英)   (日) %9: 原著論文/症例報告   [継承]
3.(英) ISBN/ISSN: 0001-6543  (日)    [継承]
4.(英)   (日) %+: 福井大学 医学部小児科   [継承]
5.(英)   (日) %X: 17歳女.生下時から顔面や体幹に疣贅状の皮膚病変を認め,その後,癲癇,精神運動発達遅滞,視神経膠腫,消化管ポリポーシス,腸間膜脂肪腫,下腿の血管脂肪腫などを生じた.今回,経口摂取不良の原因精査目的で入院し,門脈肝静脈シャントと肝動脈瘤および肝外門脈瘤を認めた.既往歴からBannayan-Riley-Ruvalcaba症候群を疑い,その責任遺伝子とされているPTEN(Phosphatase and tensin homologue deleted on chromosome10)遺伝子の解析を行ったところ,同遺伝子の変異が確認された.PTENは,血管形成や腫瘍血管新生に関わるPI3キナーゼ経路の抑制作用をもつことから,本例の血管病変はPTEN遺伝子の変異によるものと考えられた.   [継承]
6.(英) %M: 2013257967  (日)    [継承]
7.(英)   (日) %W: 医学中央雑誌刊行会   [継承]
8.(英)   (日) %~: 医中誌   [継承]
9.(英) %[: 2014/8/12  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 五十嵐 愛子, 畑 郁江, 林 泰平, 川谷 正男, 大嶋 勇成, 眞弓 光文, 久保 宜明 : 多彩な血管病変を呈したBannayan-Riley-Ruvalcaba症候群の1例, 日本小児科学会雑誌, Vol.117, No.5, 868-871, 2013年.
欧文冊子 ● 五十嵐 愛子, 畑 郁江, 林 泰平, 川谷 正男, 大嶋 勇成, 眞弓 光文 and Yoshiaki Kubo : Various Vascular Lesions in a Girl with Bannayan-Riley-Ruvalcaba Syndrome, The Journal of the Japan Pediatric Society, Vol.117, No.5, 868-871, 2013.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.64, Max(EID) = 382747, Max(EOID) = 1022226.