『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=281862)

EID=281862EID:281862, Map:0, LastModified:2014年8月8日(金) 19:17:11, Operator:[宇都 義浩], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[宇都 義浩], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.ライフシステム部門.生命情報工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
研究者 (必須): 1.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座]) [継承]
種別 (必須): 1.国内 [継承]
出資団体 (必須): 独立行政法人日本学術振興会 [継承]
予算名 (必須): 科学研究費補助金 [継承]
予算名2 (推奨): 基盤研究(C) [継承]
番号 (推奨): 26461891 [継承]
課題 (必須): (英)   (日) アセチル化グルコース修飾による制癌剤・分子標的薬剤の放射線増感剤としての創出   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 本申請研究は,がんの基本環境である低酸素環境を再現するために,安価で,ジェネティック制御下にあるため個体差が小さく,実験誤差が小さく,倫理的問題の少なくて済み,動物舎等の特別な施設を必要としない発育鶏卵(発生中の受精鶏卵のこと)を用いて,低酸素選択的に蛍光を発する腫瘍細胞を漿尿膜血管上に移植して固形腫瘍を形成させ,その低酸素腫瘍における解糖系の亢進を介して選択的に取り込まれるニトロアゾール修飾グルコース型放射線増感剤の創製を目的とする.   [継承]
金額 (推奨): 1.4940.0千円 [継承]
期間 (必須): 西暦 2014年 4月 初日 (平成 26年 4月 初日) 〜西暦 2017年 3月 末日 (平成 29年 3月 末日) [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 宇都 義浩 : 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金基盤研究(C), アセチル化グルコース修飾による制癌剤・分子標的薬剤の放射線増感剤としての創出, 2014年4月〜2017年3月.
欧文冊子 ● Yoshihiro Uto : 独立行政法人日本学術振興会, Grants-in-Aid for Scientific ResearchScientific Research (C), アセチル化グルコース修飾による制癌剤・分子標的薬剤の放射線増感剤としての創出, April 2014-March 2017.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.68, Max(EID) = 373309, Max(EOID) = 998785.