『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=281109)

EID=281109EID:281109, Map:0, LastModified:2014年8月5日(火) 17:26:12, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.病院.診療科.矯正歯科 (2003年10月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.森 博世
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.木内 奈央
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.川合 暢彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.内田 玲子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.川上 恵実
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.石田 竜弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物動態制御学]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.連携研究部門(薬学域).寄附講座系(薬学域).がん細胞と代謝学]/[徳島大学.産業院])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) カチオン性リポソームを用いたRNA干渉法による骨格筋量制御効果の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本矯正歯科学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 松本 (Matsumoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 10月 8日 (平成 25年 10月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 森 博世,木内奈央,川合暢彦,内田玲子,川上恵実,石田竜弘,田中栄二:カチオン性リポソームを用いたRNA干渉法による骨格筋量制御効果の検討.第72回日本矯正歯科学会大会,平成25年10月8-9日,松本.(展示)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 森 博世, 木内 奈央, 川合 暢彦, 内田 玲子, 川上 恵実, 石田 竜弘, 田中 栄二 : カチオン性リポソームを用いたRNA干渉法による骨格筋量制御効果の検討, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), 2013年10月.
欧文冊子 ● Hiroyo Mori, Nao Kinouchi, Nobuhiko Kawai, Ryoko Uchida, Emi Kawakami, Tatsuhiro Ishida and Eiji Tanaka : カチオン性リポソームを用いたRNA干渉法による骨格筋量制御効果の検討, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), Oct. 2013.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.59, Max(EID) = 376511, Max(EOID) = 1008348.