『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=280764)

EID=280764EID:280764, Map:0, LastModified:2017年12月21日(木) 11:14:47, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.山本 裕史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Yasuda Yusuke (日) 安田 侑右 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.中田 典秀 ([京都大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Vimal Kumar (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Kimura Kumiko (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.亀田 豊 (埼玉県環境科学国際センター)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.鑪迫 典久 ([独立行政法人 国立環境研究所])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Contribution of PPCPs and LAS to whole toxicity of effluent-dominant urban streams and toxicity characterization approach  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) SETAC 34th North America Annual Meeting (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): ナッシュビル (Nashville/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 11月 20日 (平成 25年 11月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hiroshi Yamamoto, Yusuke Yasuda, Norihide Nakada, Kumar Vimal, Kumiko Kimura, Yutaka Kameda and Norihisa Tatarazako : Contribution of PPCPs and LAS to whole toxicity of effluent-dominant urban streams and toxicity characterization approach, SETAC 34th North America Annual Meeting, Nashville, Nov. 2013.
欧文冊子 ● Hiroshi Yamamoto, Yusuke Yasuda, Norihide Nakada, Kumar Vimal, Kumiko Kimura, Yutaka Kameda and Norihisa Tatarazako : Contribution of PPCPs and LAS to whole toxicity of effluent-dominant urban streams and toxicity characterization approach, SETAC 34th North America Annual Meeting, Nashville, Nov. 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.35, Max(EID) = 383335, Max(EOID) = 1024622.