『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=280596)

EID=280596EID:280596, Map:0, LastModified:2014年8月1日(金) 15:21:32, Operator:[山﨑 哲男], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山﨑 哲男], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.中西 智子 ([徳島大学.薬学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.石澤 啓介 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床薬理学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.阿部 真治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.臨床薬学実務教育学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.中瀬 真理
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.柴田 洋文
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.佐藤 智恵美 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.総合薬学教育学系.臨床薬学実務教育学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.新垣 尚捷
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.佐藤 陽一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品情報学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.山﨑 尚志 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.笠原 二郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.神経病態解析学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.東 満美
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.山﨑 哲男 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品病態生化学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.山内 あい子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.滝口 祥令 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.土屋 浩一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.医薬品機能生化学]/[徳島大学.医学部.医学科.病態情報医学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Study of the method for development of case-problem solving abilities through advanced practice and the results that have been achieved  (日) アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 松山 (Matsuyama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 10月 26日 (平成 25年 10月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 : アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
欧文冊子 ● (名) (姓), Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Mari Nakase, Hirofumi Shibata, Chiemi Sato, Naokatu Arakaki, Youichi Sato, Naoshi Yamazaki, Jiro Kasahara, Mami Azuma, Tetsuo Yamazaki, Aiko Yamauchi, Yoshiharu Takiguchi and Koichiro Tsuchiya : Study of the method for development of case-problem solving abilities through advanced practice and the results that have been achieved, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, Oct. 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.95, Max(EID) = 382766, Max(EOID) = 1022356.