『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=280534)

EID=280534EID:280534, Map:0, LastModified:2014年7月31日(木) 14:37:42, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): 社団法人 徳島新聞社 [継承]
メディア (必須): 徳島新聞 ([社団法人 徳島新聞社]) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
報道対象 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]) [継承]
カテゴリ (必須): 社会貢献 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) 中小企業の災害対策 支援を   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 株主,株価対策で災害対応が求められる上場企業と状況が異なるのは当たり前だろう.中小企業では,避難訓練や事業継続計画(BCP)の策定などといった災害への備えが進んでいない実態がある. 徳島市が産業振興ビジョン策定に当たって行った調査では,市内の製造業で67%,商業・サービス業で52%の事業所が災害への備えをしていないと答えた.従業員数が少ない事業所ほど,その傾向が強い. 経営環境に余裕がないのが原因の一つ.調査に答えた事業所ではなかったが,市内で従業員6人の工場を経営する男性は「私の代で会社を終わらせる覚悟をしていた時期もあるほど,日々の仕事で精いっぱい.耐震化はぜいたくに感じる」と話した. 徳島大学環境防災研究センター副センター長の中野晋教授は「事業所が行う災害への備えを行政が支援,促進する取り組みも必要だ」と指摘する.そうすれば,地域の安全性が高まり,企業誘致の環境づくりの一手にもなる.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 12月 6日 (平成 25年 12月 6日) [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) 朝刊3面   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.76, Max(EID) = 375655, Max(EOID) = 1006531.