『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=280310)

EID=280310EID:280310, Map:0, LastModified:2014年8月14日(木) 19:48:44, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[木戸 淳一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.木戸 淳一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.板東 美香 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.歯周病科(第二保存科)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.稲垣 裕司 ([徳島大学.病院.診療科.歯科.歯周病科(第二保存科)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.廣島 佑香 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔微生物学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.村田 裕美 ([徳島大学.病院.診療科.歯科.歯周病科(第二保存科)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.美原(和田) 智恵 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 梶浦 由加里 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) (日) 生田 貴久 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) (日) 篠原 宏貴 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) (日) 橋本 万里 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.中島 由紀子 ([徳島大学.病院.診療科.歯科.歯周病科(第二保存科)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.坂東 由記子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.船木 真理 ([徳島大学.病院.中央診療施設等.糖尿病対策センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14.齋藤 晴比古 (徳島逓信病院)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.永田 俊彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using glycoalbumin and calprotectin in gingival crevicular fluid  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 奈良 (Nara/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 9月 3日 (平成 25年 9月 3日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, 梶浦 由加里, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, Yukiko Nakajima, Yukiko Bandou, Makoto Funaki, Haruhiko Saito and Toshihiko Nagata : Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using glycoalbumin and calprotectin in gingival crevicular fluid, 10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.
欧文冊子 ● Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, 梶浦 由加里, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, Yukiko Nakajima, Yukiko Bandou, Makoto Funaki, Haruhiko Saito and Toshihiko Nagata : Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using glycoalbumin and calprotectin in gingival crevicular fluid, 10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.38, Max(EID) = 375376, Max(EOID) = 1006033.