『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=280292)

EID=280292EID:280292, Map:0, LastModified:2014年7月29日(火) 10:40:17, Operator:[中野 晋], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中野 晋], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
報道団体 (必須): 社団法人 徳島新聞社 [継承]
メディア (必須): 徳島新聞 ([社団法人 徳島新聞社]) [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.環境防災研究センター (2004年4月1日〜) [継承]
報道対象 (必須): 1.中野 晋 ([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座]) [継承]
カテゴリ (必須): 教育 [継承]
題名 (必須): (英)   (日) 防災専門家養成 14年度講座開講 徳大・香大に14人   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 徳島,香川両大学が共同開設した防災の専門家を養成する「四国防災・危機管理特別プログラム」の2014年度の開講式が6日,両大学であった. 自治体や企業などから応募のあった14人(徳島大6人,香川大8人)が受講.2年間の授業と実習を通じ,学校防災マネジャーや災害医療コーディネーターなどを目指す. 開講式はテレビ会議システムで行われ,徳島大大学院ソシオテクノサイエンス研究部の橋本親典教授らが「南海トラフ地震に備え,被災時に活躍できる人材に育ってほしい」と受講生を激励した. プログラムは文部科学省が進める大学間連携共同教育推進事業の一環で,開講は13年度に続いて2年目.両大学の大学院生も参加する.   [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 4月 7日 (平成 26年 4月 7日) [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) 朝刊22面   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ●
欧文冊子 ●

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.60, Max(EID) = 375655, Max(EOID) = 1006531.