『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=279234)

EID=279234EID:279234, Map:0, LastModified:2015年3月17日(火) 13:50:34, Operator:[松久 宗英], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松久 宗英], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.黒田 暁生 ([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 鶴尾 美穂 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.粟飯原 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).糖尿病・代謝疾患治療医学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.遠藤 逸朗 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 安芸 菜奈子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.吉田 守美子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.近藤 剛史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.松久 宗英 ([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデッグへの同量での切り替え:CGMSを用いた検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2013年 5月 17日 (平成 25年 5月 17日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 黒田 暁生, 鶴尾 美穂, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 松本 俊夫, 松久 宗英 : 1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデッグへの同量での切り替え:CGMSを用いた検討, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
欧文冊子 ● Akio Kuroda, 鶴尾 美穂, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, 安芸 菜奈子, Sumiko Yoshida, Takeshi Kondo, Toshio Matsumoto and Munehide Matsuhisa : 1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデッグへの同量での切り替え:CGMSを用いた検討, 第56回日本糖尿病学会年次学術集会, May 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.94, Max(EID) = 360769, Max(EOID) = 966336.