『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=279047)

EID=279047EID:279047, Map:0, LastModified:2016年9月1日(木) 16:34:44, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[金丸 芳], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 松下 純子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 後藤 月江 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金丸 芳 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 遠藤 千鶴 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 長尾 久美子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 有内 尚子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) (日) 高橋 啓子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Survey of Annual Events and Their Special Foods in Tokushima Prefecture  (日) 徳島県における行事食の現状   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) We carried out survey as to what people in Tokushima prefecture eat at various annual events except on New Year's Day from 2009 to 2010.The subjects of this survey were residents of Tokushima prefecture who have lived there for more than 10 years. The subjects were divided into three age groups; 1) those younger than 30 years old; 2) those between 30 and 50; and 3) those over 50.Our findings showed that eating cakes on Christmas Day and buckwheat noodles at night of the New Year's Eve is fairly common. This tendency is rampant among the people over 30 and fewer among younger generations, though the contrast is not very sharp.People over 50 who used to have a habit of cooking by themselves the above food for special events, tend to buy the ready cooked ones instead of preparing them in their houses.  (日) 日本の調理文化の地域性の特別研究のうち,平成21年から平成22年に「行事食・儀礼食」についてアンケート調査を行った.徳島県に10年以上在住する人を対象に,正月を除く年中行事について30歳未満,30歳以上50歳未満,50歳以上の年代区分に分類し検討した.人日,端午の節句,七夕,土用の丑,盂蘭盆,重陽の節句,春分の日,秋分の日,冬至,秋祭りでは,認知率および経験率の双方に年代区分で有意差がみられた.節分「巻き寿司・のり巻き」,土用の丑「うなぎの蒲焼き」は行事食としての喫食率が高かった.春分の日,秋分の日の「ご飯・だんご」,春祭り,秋祭りの「ご飯・すし」は,若い世代への伝承が薄れていることが推察された.全ての年代区分で年末のクリスマス,大みそかは行事として定着しており,「ケーキ」や「年越しそば」を多く食べていた.多くの行事食は以前には家庭で作ったが,現在は買う入手方法へ変化しており,特に50歳以上で顕著であった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) annual events (日) 行事 (読) [継承]
2. (英) special foods (日) 行事食 (読) [継承]
3. (英) Tokushima (日) 徳島 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Japan Society of Cookery Science (日) 一般社団法人 日本調理科学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 日本調理科学会誌 (日本調理科学会誌)
(pISSN: 1341-1535, eISSN: 2186-5787)

ISSN (任意): 1341-1535
ISSN: 1341-1535 (pISSN: 1341-1535, eISSN: 2186-5787)
Title: 日本調理科学会誌
Supplier: 一般社団法人日本調理科学会
 (Webcat Plus  (J-STAGE (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 47 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 42 48 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2014年 0月 初日 (平成 26年 0月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/130003397381/ [継承]
DOI (任意): 10.11402/cookeryscience.47.42    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 130003397381 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 松下 純子, 後藤 月江, 金丸 芳, 遠藤 千鶴, 長尾 久美子, 有内 尚子, 高橋 啓子 : 徳島県における行事食の現状, 日本調理科学会誌, Vol.47, No.1, 42-48, 2014年.
欧文冊子 ● 松下 純子, 後藤 月江, Kaori Kanemaru, 遠藤 千鶴, 長尾 久美子, 有内 尚子 and 高橋 啓子 : Survey of Annual Events and Their Special Foods in Tokushima Prefecture, Journal of Cookery Science of Japan, Vol.47, No.1, 42-48, 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.83, Max(EID) = 375658, Max(EOID) = 1006547.