『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=276102)

EID=276102EID:276102, Map:0, LastModified:2020年9月30日(水) 09:28:55, Operator:[吉永 哲哉], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上田 哲史], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士後期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.知能情報システム工学コース (2006年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像機器工学 (2015年4月1日〜) [継承]
3.徳島大学.情報センター (2010年7月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.伊藤 大輔 (滋賀県立大学/[岐阜大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2. (英) Otsu, Tomohiro (日) 大津 智弘 (読) おおつ ともひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
3.藤本 憲市
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.上田 哲史 ([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.合原 一幸 ([東京大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.吉永 哲哉 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.医用画像機器工学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Avoidance of Bifurcations of Stable Fixed Point Using the Maximum Lyapunov Exponent  (日) 最大リアプノフ指数を用いた分岐抑制制御   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Topological properties of the limit set are characterized by the Lyapunov exponent of the orbit on the dynamical system. In discrete-time dynamical system is described by ordinary differential equations, authors translate avoidance of bifurcations controlling problem of a stable fixed point, periodic point into minimization problem that the evaluation function the maximum Lyapunov exponent. The authors had proposed the controller to avoid the unbeseeming bifurcation phenomena that is caused by the variation of system parameters by change in environment. We have reported results that it is applied to the period- doubling bifurcation of the periodic point on the H enon map. In this paper, avoidance of bifurcations method is applied to the Kawakami map. We confirm that the controller can avoid the tangent bifurcation and Neimark-Sacker bifurcation.  (日)    [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Avoidance of bifurcation (日) 分岐回避 (読) ぶんきかいひ [継承]
2. (英) Maximum Lyapunov exponent (日) 最大リアプノフ指数 (読) さいだいりあぷのふしすう [継承]
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of 1st Multi Symposium on Control Systems (日) 第1回制御部門マルチシンポジウム資料 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 742 745 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2014年 3月 4日 (平成 26年 3月 4日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 発表日: 2014年3月6日(口頭発表) / 会場 電気通信大学   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 伊藤 大輔, 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉 : 最大リアプノフ指数を用いた分岐抑制制御, 第1回制御部門マルチシンポジウム資料, 742-745, 2014年3月.
欧文冊子 ● Daisuke Ito, Tomohiro Otsu, Ken'ichi Fujimoto, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara and Tetsuya Yoshinaga : Avoidance of Bifurcations of Stable Fixed Point Using the Maximum Lyapunov Exponent, Proceedings of 1st Multi Symposium on Control Systems, 742-745, March 2014.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.45, Max(EID) = 372532, Max(EOID) = 996366.