『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=275449)

EID=275449EID:275449, Map:0, LastModified:2018年12月4日(火) 19:55:56, Operator:[池田 建司], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学 [継承]
著者 (必須): 1.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Asymptotic Properties of MOESP-type Methods  (日) PO-MOESP型同定法の漸近的性質   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) Precision of the estimated plant model is often the main interest of system identification. In order to take the predictable part of the noise into account, the noise model is estimated together with the plant model by using ARMAX model. In that case, a model reduction procedure will be required in order to obtain the plant model. On the other hand, the plant model can be estimated directly by using output error (OE) model. In this paper, PI-MOESP method and PO-MOESP method are compared by analysing the signal and noise components of the estimated plant model under the assumption that there are no common poles in the plant and the noise models. The magnitude of the noise component in each method is discussed when the past or future horizon varies and it is shown that there is a possibility that PI-MOESP method gives better performance than PO-MOESP method.  (日) 推定されたプラントモデルの精度はしばしばシステム同定の主な興味の対象となる.雑音の予測可能な部分を考慮することによって雑音モデルはプラントモデルとともにARMAXモデルを用いて推定される.そのような場合,プラントモデルを得るためにはモデルの低次元化が必要となる.一方,プラントモデルは出力誤差(OE)モデルを用いることで直接推定可能である.本論文では,プラントモデルと雑音モデルは共通の極をもたないという仮定の下,推定されたプラントモデルの信号成分と雑音成分を解析することで,PI-MOESP法とPO-MOESP法を比較する.設計パラメータであるfuture/past horizonを変えたときの各手法における雑音成分の大きさを議論することで,PI-MOESP法の方がPO-MOESP法よりも良い性能を与える可能性があることを示す.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) System Identification (日) (読) [継承]
2. (英) Subspace Model Identification (日) (読) [継承]
3. (英) Variance Analysis (日) (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Preprints of ALCOSP and PSYCO 2013 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 92 97 [継承]
都市 (必須): (英) Caen (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 7月 3日 (平成 25年 7月 3日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Ikeda : Asymptotic Properties of MOESP-type Methods, Preprints of ALCOSP and PSYCO 2013, (巻), (号), 92-97, Caen, July 2013.
欧文冊子 ● Kenji Ikeda : Asymptotic Properties of MOESP-type Methods, Preprints of ALCOSP and PSYCO 2013, (巻), (号), 92-97, Caen, July 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.25, Max(EID) = 373277, Max(EOID) = 998582.