『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=273572)

EID=273572EID:273572, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:31:33, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.Universiti Teknikal Malaysia Melaka [継承]
3.徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Salleh Bin Mohd Rizal (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Mohamad Bin Effendi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Student Mobility Program through Cross Cultural and Technical Exposure  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The University of Tokushima (UT) and Universiti Teknikal Malaysia Melaka (UTeM) have concluded an academic partnership under the agreement of MOU/MOA in 2013. As one of the academic joint activities for the agreement, a mobility program was initiated at UTeM (MMPT2013) and the mobility students of UTeM joined the CEL Summer Program (CELSP) at UT in 2013. First this paper shows the selection process of the mobility students at UTeM. Then, the paper presents the overview of CELSP designed for the mobility students with four subprograms including cultural experience, academic activities, robotic projects, and manufacturing projects. Then the paper shows the various activities of mobility students in CELSP and explains how they have learned the basic approach of design using deterministic design method. The concluding section discusses the outcome of the CELSP program.  (日) 徳島(UT)と科学大学Teknikalマレーシアマラッカ(UTeM)の大学は合意のための学術的共同活動の一つとして2013年のMOU/ MOAの合意の下での学術パートナーシップを締結して,モビリティプログラムがMMPT2013(UTeMで開始されました)とUTeMのモビリティの学生は,このホワイト·ペーパーではUTeMで,モビリティの学生の選択プロセスを示し,2013年第一にUTにCELサマープログラム(CELSP)に入社.その後,紙は文化体験,学術活動,ロボットプロジェクト,および製造プロジェクトを含む4つのサブプログラムとモビリティの学生のために設計されCELSPの概要を示しています.その後,紙はCELSPにおけるモビリティの学生の様々な活動を示していると,彼らは決定論的な設計法を用いた設計の基本的なアプローチを学んできた方法を説明します.結びのセクションでは,CELSPプログラムの成果について説明します.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) The Japan Society of Mechanical Engineers (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) JSME No.13-205 The 13th Design Engineering Workshop 2013 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 13 [継承]
(必須): 1 6 [継承]
都市 (必須): 北九州 (Kitakyushu/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 11月 29日 (平成 25年 11月 29日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Teruaki Ito, Rizal Bin Mohd Salleh and Effendi Bin Mohamad : A Student Mobility Program through Cross Cultural and Technical Exposure, JSME No.13-205 The 13th Design Engineering Workshop 2013, (巻), No.13, 1-6, Kitakyushu, Nov. 2013.
欧文冊子 ● Teruaki Ito, Rizal Bin Mohd Salleh and Effendi Bin Mohamad : A Student Mobility Program through Cross Cultural and Technical Exposure, JSME No.13-205 The 13th Design Engineering Workshop 2013, (巻), No.13, 1-6, Kitakyushu, Nov. 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.60, Max(EID) = 373299, Max(EOID) = 998707.