『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=273151)

EID=273151EID:273151, Map:0, LastModified:2013年11月8日(金) 10:51:49, Operator:[田中 栄二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
2.徳島大学.病院.診療科.矯正歯科 (2003年10月1日〜) [継承]
3.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.金 南希 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.堀内 信也 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.天知 良太 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.川合 暢彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.木内 奈央
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.藤原 慎視
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.黒田 晋吾
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 三次元デジタルモデルを用いた片側性口唇口蓋裂患者の咬合評価に関する検討 第二報 デジタルツールが三次元デジタル模型の評価に及ぼす影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 中·四国矯正歯科学会雑誌 ([中·四国矯正歯科学会])
ISSN (任意): 0915-7581
ISSN: 0915-7581 (pISSN: 0915-7581)
Title: 中・四国矯正歯科学会雑誌
 (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 25 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 21 28 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2013年 8月 1日 (平成 25年 8月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 金 南希, 堀内 信也, 天知 良太, 川合 暢彦, 木内 奈央, 藤原 慎視, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 三次元デジタルモデルを用いた片側性口唇口蓋裂患者の咬合評価に関する検討 第二報 デジタルツールが三次元デジタル模型の評価に及ぼす影響, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.25, No.1, 21-28, 2013年.
欧文冊子 ● Namhee Kim, Shinya Horiuchi, Ryota Amachi, Nobuhiko Kawai, Nao Kinouchi, Shinji Fujihara, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : 三次元デジタルモデルを用いた片側性口唇口蓋裂患者の咬合評価に関する検討 第二報 デジタルツールが三次元デジタル模型の評価に及ぼす影響, The Journal of Chu-Shikoku Orthodontic Society, Vol.25, No.1, 21-28, 2013.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.56, Max(EID) = 360814, Max(EOID) = 966431.