『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=272928)

EID=272928EID:272928, Map:0, LastModified:2014年11月25日(火) 08:32:46, Operator:[伊藤 照明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[伊藤 照明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門.知識情報処理 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.岡山県立大学 [継承]
著者 (必須): 1.伊藤 照明
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Watanabe Tomio (日) 渡辺 富夫 (読) わたなべ とみお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 頭部動作連動型アクティブモニタアームを用いた遠隔通信の試み   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ネットワークを利用した遠隔コミュニケーシ ョンが普及している.しかし,相手の存在感 の欠如 雰囲気を伝えにくい等の問題点が指 摘されている.本研究は,遠隔通信を支援す る技術として提案するARM-COMSの一つの機 能であるAEMに関する取組である.AEMは, 遠隔通信をより対面会話に近づけるために頭 部動作連動するために,引き込み動作に基づ いて行うアクティブモニタ制御機構である. 本稿では,ARM-COMSの概要を述べ,AEMの 動作概要と評価実験について報告し,AEMの 有効性について議論する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2013・講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 13 [継承]
(必須): 22 [継承]
(必須): 3201 3201 [継承]
都市 (必須): 読谷村 (Yomitan-son/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 10月 25日 (平成 25年 10月 25日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 伊藤 照明, 渡辺 富夫 : 頭部動作連動型アクティブモニタアームを用いた遠隔通信の試み, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2013・講演論文集, Vol.13, No.22, 3201, 2013年10月.
欧文冊子 ● Teruaki Ito and Tomio Watanabe : 頭部動作連動型アクティブモニタアームを用いた遠隔通信の試み, 日本機械学会設計工学システム部門研究発表講演会2013・講演論文集, Vol.13, No.22, 3201, Oct. 2013.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.86, Max(EID) = 382214, Max(EOID) = 1020970.