『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=270160)

EID=270160EID:270160, Map:0, LastModified:2018年4月12日(木) 15:20:51, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[河村 保彦], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.大学院ソシオテクノサイエンス研究部 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
2.徳島大学.先端技術科学教育部 (2006年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hashizume Hirokazu (日) 橋爪 裕一 (読) はしづめ ひろかず
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
2.上田 昭子 ([分析・解析技術分野]/[徳島大学.技術支援部.常三島技術部門.分析グループ])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.西内 優騎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.河村 保彦 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Thermal Reactions of Tetraaryl[4]- and [5]cumulenes and Their Addition Reactions with Tetracyanoethene  (日) テトラアリール[4]及び[5]クムレンの熱反応及びテトラシアノエテンとの付加反応   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) Addition Reaction (日) 付加反応 (読) ふかはんのう [継承]
2. (英) Arylcumulene (日) アリールクムレン (読) ありーるくむれん [継承]
3. (英) Thermal Reaction (日) 熱反応 (読) ねつはんのう [継承]
4. (英) Tetracyanoethene (日) テトラシアノエテン (読) てとらしあのえてん [継承]
発行所 (推奨): (英) Chugoku-Shikoku Branch of the Chemical Society of Japan (日) 日本化学会中国四国支部 (読) にほんかがくかいちゅうごくしこくしぶ [継承]
誌名 (必須): (英) CSJ West Japan Chemistry Forum 2013 in Hiroshima (日) 2013年日本化学会中国四国支部大会 (読) にせんじゅうさんねんにほんかがくかいちゅうごくしこくしぶたいかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 東広島 (Higashihiroshima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2013年 11月 16日 (平成 25年 11月 16日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 橋爪 裕一, 上田 昭子, 西内 優騎, 河村 保彦 : テトラアリール[4]及び[5]クムレンの熱反応及びテトラシアノエテンとの付加反応, 2013年日本化学会中国四国支部大会, 2013年11月.
欧文冊子 ● Hirokazu Hashizume, Shoko Ueta, Masaki Nishiuchi and Yasuhiko Kawamura : Thermal Reactions of Tetraaryl[4]- and [5]cumulenes and Their Addition Reactions with Tetracyanoethene, CSJ West Japan Chemistry Forum 2013 in Hiroshima, Nov. 2013.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.39, Max(EID) = 363221, Max(EOID) = 972404.