『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=268490)

EID=268490EID:268490, Map:0, LastModified:2018年6月20日(水) 10:40:27, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.プロテオミクス医科学部門.生体制御医学講座.生体情報内科学 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
3.徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学 (2004年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.渡邉 佳一郎 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.安倍 正博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.天知 良太 ([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.日浅 雅博 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Harada T (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Fujii S (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Nakamura S (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Miki H (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Kagawa K (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Mori H (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) Endo I (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Restoration of bone formation in myeloma osteolytic lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 米国骨代謝学会 [継承]
誌名 (必須): (英) 34th ASBMR meeting (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Minneapolis, MN, USA. (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 10月 14日 (平成 24年 10月 14日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) 24.Watanabe K, Abe M, Amachi R, Hiasa M, Harada T, Fujii S, Nakamura S, Miki H, Kagawa K, Mori H, Endo I, Tanaka E, Matsumoto T. Restoration of bone formation in myeloma osteolytic lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01. 34th ASBMR meeting, Oct 14, 2012, Minneapolis, MN, USA.  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, H Mori, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Restoration of bone formation in myeloma osteolytic lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01, 34th ASBMR meeting, (巻), (号), (頁), Minneapolis, MN, USA., Oct. 2012.
欧文冊子 ● Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, S Fujii, S Nakamura, H Miki, K Kagawa, H Mori, I Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto : Restoration of bone formation in myeloma osteolytic lesions by the cathepsin K inhibitor KK1-300-01, 34th ASBMR meeting, (巻), (号), (頁), Minneapolis, MN, USA., Oct. 2012.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.61, Max(EID) = 373308, Max(EOID) = 998776.