『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=268362)

EID=268362EID:268362, Map:0, LastModified:2018年4月19日(木) 10:12:04, Operator:[親泊 政一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田中 栄二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター (2008年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域]) [継承]
2.徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 (2004年4月1日〜2015年3月31日) [継承]
3.徳島大学.病院.診療科.矯正歯科 (2003年10月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.高原 一菜
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.伊藤 太二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 森 智子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Zheng Robert (日) ロバート ゼング (読) ろばと ぜんぐ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
5. (英) Funahashi Mari (日) 船橋 茉莉 (読) ふなはし まり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨): **** [ユーザ]
[継承]
6. (英) (日) 宮本 千伸 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.香川 聖子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.三宅 雅人 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.親泊 美帆 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) (日) 津川 和江 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.田中 栄二 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) (日) 森 和俊 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13.親泊 政一 ([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) DSS誘発性大腸炎モデルを用いたATF6αとATF6βの機能解析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本生化学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第85回日本生化学会大会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 福岡 (Fukuoka/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2012年 12月 16日 (平成 24年 12月 16日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 高原一菜,伊藤太二,森 智子,ロバートゼング,船橋茉莉,宮本千伸,香川聖子,三宅雅人,親泊美帆,津川和江,田中栄二,森 和俊,親泊政一:DSS誘発性大腸炎モデルを用いたATF6αとATF6βの機能解析.第85回日本生化学会大会,平成24年12月16日,福岡(マリンメッセ福岡).(展示)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 高原 一菜, 伊藤 太二, 森 智子, ロバート ゼング, 船橋 茉莉, 宮本 千伸, 香川 聖子, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 津川 和江, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : DSS誘発性大腸炎モデルを用いたATF6αとATF6βの機能解析, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
欧文冊子 ● Kazuna Takahara, Taiji Ito, 森 智子, Robert Zheng, Mari Funahashi, 宮本 千伸, Seiko Kagawa, Masato Miyake, Miho Oyadomari, 津川 和江, Eiji Tanaka, 森 和俊 and Seiichi Oyadomari : DSS誘発性大腸炎モデルを用いたATF6αとATF6βの機能解析, 第85回日本生化学会大会, Dec. 2012.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.36, Max(EID) = 374078, Max(EOID) = 1001470.