『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=267178)

EID=267178EID:267178, Map:0, LastModified:2013年8月9日(金) 22:43:31, Operator:[粟飯原 賢一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[粟飯原 賢一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 倉橋 清衛 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.遠藤 逸朗 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.吉田 守美子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.粟飯原 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.藤中 雄一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.松本 俊夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) PEG-IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病をふくむ多彩な自己免疫疾患を発症した2例   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第99回日本内科学会四国地方会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2008年 11月 2日 (平成 20年 11月 2日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : PEG-IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病をふくむ多彩な自己免疫疾患を発症した2例, 第99回日本内科学会四国地方会, 2008年11月.
欧文冊子 ● 倉橋 清衛, Itsuro Endo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto : PEG-IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病をふくむ多彩な自己免疫疾患を発症した2例, 第99回日本内科学会四国地方会, Nov. 2008.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.32, Max(EID) = 373312, Max(EOID) = 998819.